ヨーロッパ縦断鉄道トライアスロンの旅 ③スロベニアの美しい街、ピラン

プロフィール写真

旅するコピーライター・エディター。

世界107ヶ国1300都市以上を旅してきた。 以前は海とヨットが大好きだったが 今は空を飛ぶことがなによりも好き。 趣味は仕事。

<前回までのお話し>

軽い気持ちで参加したユーレイルプレスツアー。10日間でヨーロッパを4200km 縦断という無理めな旅は、イタリアからスタート。今回は2つ目の目的地、スロベニアの美しい村ピランを観光する。

 

スロベニアのピランに着く直前、ちょっと悲しい出来事があった。

 

「みんな、ユーレイルパスに日付を書かないと罰金を取られるぞ。今すぐ書きなさい」

 

と鉄道写真の大家、櫻井寛先生が全員に訓示を垂れているまっ最中に、車掌さんが見回りに来たのである。

櫻井先生の教えに従って全員日付を書き込んでいたのでセーフであったが、肝心の櫻井先生は日付を書いていなかった。

 

「50ユーロ払って」

 

氷のように冷たい声でイタリア人の車掌が言う。

 

「なんと・・・。どうしたらいいんだ」

 

櫻井先生が震える声で、地球の歩き方編集部のMr.ユーレイルパスこと鹿野さんに聞く。

 

「ここは払っておいた方がいいでしょう。罰金は最低50ユーロですが、罰金は車掌の裁量なんです。もめたら、100、200と上がる危険性があります。50ユーロすっぱり払った方がいいでしょう」

 

その光景を遠巻きに見守りながら、私たちの頭の中には、「弘法も筆の誤り」「かっぱの川流れ」「猿も木から落ちる」「まぢで罰金取られるんだー」といった格言や感想がぐるぐると回っていた。

 

鹿野さんは言う。

「イタリア人だけに女の子にはゆるいんですけどね。男にはだめっすね」

 

◎ユーレイルパスルール最重要ルール:電車に乗る前に日付を書こう!

 

 

紺碧のアドリア海を見晴らすピラン

 

井原さん ローラーブレード

朝のタルティーニエフ広場に爽やかに現れた推定70歳の陽気な男性。ローラーブレードの華麗なる技を次々と見せてくれた。

 

 

翌朝のピランは快晴だった。

窓を開けると、そこは紺碧のアドリア海。見よ、この美しさを。

井原さん アドリア海

「おはよーアドリア海!おはよーかもめたちー!」と朝からハイテンション。

 

 

ピランは、人口約4000人、スロベニア南西部に位置し、アドリア海に面した港町。ピラン出身の音楽家、ジュゼッペ・タルティーニの銅像があるタルティーニエフ広場から観光は始まった。

井原さん タルティーニさん

地元の名士、タルティーニさん。

 

井原さん 聖ユーリ教会

ドラゴン退治で有名な聖人を祀った聖ユーリ教会。

14世紀に作られた教会を17世紀に改築。

 

井原さん 鉄壁

10世紀に作られた城壁へ登り、街を見る。

 

 

 

ピランの次は、天然塩の産地へ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第34回
ヨーロッパ縦断鉄道トライアスロンの旅 ③スロベニアの美しい街、ピラン

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top