「睡眠不足による肌荒れ」気になりませんか?敏感肌専門ブランドの「ディセンシア」から夜用美容液誕生。


今年10周年を迎えるポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から、新たなアプローチで肌荒れをケアする夜用美容液が新発売となりました。

 

睡眠不足が肌荒れを起こす原因を解明!

ディセンシー1

今回の新製品で着目したのは、「睡眠不足」によって引き起こされる肌荒れ。

 

ディセンシアが実施したアンケート※によると、肌荒れの原因としてストレスに次いで多かった回答が「睡眠不足」で、90%以上の人が睡眠不足による肌荒れを経験しているとわかったのだとか。※623名の有職者女性を対象に調査

 

睡眠不足の弊害はイヤと言うほど経験してきているし、年齢を重ねるごとに無理も利かなくなってきているOurAge世代。それでも「いつの間に、もうこんな時間!」なんてことはありがちですよね。するとやっぱり、翌日は肌がカサついていたり、ファンデーションのノリが悪くなったり…。実は、多くの現代女性が悩んでいる「睡眠不足」と「肌荒れ」の因果関係について、今まできちんと解明されていなかったのだそうです。

ディセンシー2

今回の新製品開発にあたり、新たに解明されたのは十分に睡眠をとった時と睡眠不足時の角層では構造が異なるということ。

 

十分な睡眠をとった時は、上下の角層細胞同士が離れ、カゴの目のように見える「バスケットウィーブ®構造」に。その空間に、セラミドなどの細胞間脂質が充満してバリア機能が高い状態になっているそう。一方、睡眠不足時は角層細胞同士が接着してしまい、細胞間脂質が充満できずにバリア機能が低い状態に…。なるほど、肌がしぼんでいるような感じになるのは、これが原因だったのです!

ディセンシー4

角層細胞同士を接着させているのは、細胞間接着因子としての役割を担うタンパク質「コルネオデスモゾーム」。睡眠不足の肌は、このタンパク質の分解が進まないことで「バスケットウィーブ構造」が作られず、バリア機能が低くなって肌荒れしやすくなっていたと明らかになったそうですよ。

 

ディセンシー3

そこで今回の新製品に採用したのは、ポーラ研究所独自技術の新処方「バスケットウィーブ処方」。

 

独自の技術によって角層に水分をたっぷり補給、角層同士を接着させているタンパク質の分解を促します。十分な睡眠をとった時の「バスケットウィーブ角層」へと導くことで、バリア機能も強化されるというわけです。

 

次のページで、新製品をご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第149回
「睡眠不足による肌荒れ」気になりませんか?敏感肌専門ブランドの「ディセンシア」から夜用美容液誕生。


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top