自分好みの京友禅の着物を作る  「京町家 染工房 遊」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

京都では、お茶会、観劇、祭事など和服を着る機会が多く、そこでいつも素敵な和服姿の女性に出会います。お召になっている着物は、その季節の風物やお好きな文様を染めたもの。帯や半襟にもさりげなく同じ趣の柄が配置されたりと、なかなか凝った趣向が見られることも。伺うとそれらは、知り合いの職人さんにお願いして作っていただいたのだとか。

でも、京都に知り合いのないものにとって、そんな職人さんを見つけるのは至難の業。

そんなある日。東本願寺の北側の通り、花屋町通に友禅の雅な模様を描く職人さんの工房「京町家 染工房 遊」を見つけました。町家の中の工房では、友禅の長年手描き職人として活躍する山田清さん、哲生さんご兄弟を中心に熟練の職人さんたちが、作業をなさっていらっしゃいます。お邪魔と知りつつも、近くでお仕事を拝見させていただきました。

 

お子さんの七五三のお祝いに仕立てる子供用の着物と同じ文様でお母様のお着物をお作りになる注文の品の作業が進んでいました。なんて素敵な着物でしょう。きっとそのお子さんが親になった時も、おばあ様が作られた、このお着物をお召になることでしょう。

この工房では、飛び柄小紋や附下小紋をセミオーダーで作ることができます。好みの色や顔映りのいい色を地色として選びます。そこに数多い見本から選んだ図柄の配置や全体の色具合を調整します。最後に厚さや風合いなどの異なる白生地を選び、着物に仕立ててもらいます。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第79回
自分好みの京友禅の着物を作る  「京町家 染工房 遊」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top