頬がふっくらした人は好感度が高い!? ポーラ史上最高峰のクリーム「V リゾネイティック クリーム」の狙いはポジティブな顔立ち!


1927年に創業して以来、女性たちの活躍を応援し、新たな美の可能性を追求し続けているポーラ。

リゾネイティック2

時代と共に変化する美しさの概念にも寄り添い、ポーラの調査※により、現代女性が思い描く「美しい人」とは、自立をして他者に優しく、他者の意見も柔軟に受け入れる「周囲と良好に関われる人」ということが明らかに。※20〜60代の女性3490名を対象にWEB調査

 

そこで、今の時代に求められているのは

ポジティブな共創を生み出す人

であることに着目し、新たな視点からの製品を開発したのだそうです。

リゾネイティック3

新製品開発にあたり、ポジティブフェイスの研究を進めたと説明してくださったのは、ポーラ研究所 肌科学研究部 主任研究員の平河聡さん。顔にある明暗の特徴を512項目に分解して解析し、周囲と良い関係を結びやすい顔の特徴を導き出したのだとか。その特徴とは…

1)ほほ全体に、ふっくら立体的な丸みがある

2)ほうれい線が目立たない、リフトアップした顔

3)くすみのない明るく白い肌色

 

「そういえばこんな特徴の顔かも」と、あなたやあなたのまわりに思い当たる人はいませんか? 何となく和やかなイメージがある顔立ちですよね。

リゾネイティック5

「周囲と良い関係を結びやすい顔」に導くために、まず重要視したのは、エイジングにより頬はたるみ、平らになってきてしまうということ。その要因と解決策を研究し、皮下RC構造にあることを発見した、と平河さん。

 

RC(皮膚支持帯)は、肌全体を持ち上げて支えている極太の柱。マンションに例えると、地下くいのような役割を担っているとか。これをあきらかにしたことは、世界中の化粧品会社、化粧品開発者が研究成果を発表する「IFSCC2015大会」で最優秀賞を受賞するほど、画期的な発見だったんですって。

リゾネイティック4

医療用のMRIで比較研究を進め、たるみが大きい人はRCが少ないこと。RCが多い人は、頬の位置が高く口角が上がって見えることを確認。上のスライドの赤い色がRCで、左が〜30代、右が60代〜のMRI画像だそう。加齢によって、これほどダイナミックにRCが減って細くなってしまうとは、研究員も驚きの事実だった、と平河さん。

 

「私のRCは…」とショックを受けている皆さん、お待たせしました! ポーラの研究により、RCの主要成分についても新たに解明され、産生する細胞も発見! 世界初のオリジナル成分が開発されましたよ。それを配合しているのが、新たに発売となったクリームです。詳しくは次のページで!

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第151回
頬がふっくらした人は好感度が高い!? ポーラ史上最高峰のクリーム「V リゾネイティック クリーム」の狙いはポジティブな顔立ち!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top