大人の髪はシャンプー選びで変わる 


教えて!先輩 Vol.2

プロデューサー、ブロガー飯野晴子さんが愛用

大人の髪は
シャンプー選びで変わります。

 

OurAge世代になると、髪のトラブルが多くなってきます。
そんな悩みにはシャンプー選びが肝心。そこで素敵な先輩、飯野さん愛用のシャンプーを開発した、佐々木栄さんにお話を伺いました。

 

 

飯野晴子さん

飯野晴子

Haruko Iino

1943年生まれ。35歳で離婚後初めて就職。広告代理店営業ウーマンに道を開き、数々のラグジュアリーブランドを担当。退職後は都会と海辺の家を行き来し、企業や商品のPRプロデュース、講演、TVなどで活躍。毎日更新するブログが大好評。

https://ameblo.jp/iino-haruko/

公式サイトwww.iinomom.com/

 

 

佐々木 栄さん

佐々木 栄

Sakae Sasaki

1963年生まれ。piyoko代表・クリエイティブディレクター。安心なだけでなく、髪も肌も心も、幸せに満足できるものを、本物を知りつくした美意識の高い方に届けたい。その思いで1997年より、自分が本当に欲しいヘアケア、スキンケア製品を研究・開発。

公式サイト www.piyoko.co.jp

Facebook  佐々木栄/piyoko

 

飯野晴子飯野晴子

 

美容室と病院の両方で
使われている実力に注目!

 

飯野 50歳前後になると、髪の悩みがいろいろ出てきます。そんなときに見直すべきはシャンプーですね。

 

佐々木 そのとおりです。私がシャンプーの開発・販売を始めたのも、髪を本当に健康に、美しくするシャンプーが欲しかったからです。

 

飯野 佐々木さんが開発したシャンプーは、髪だけでなく顔やボディ、全身を洗えるのがすごいですよね。

 

佐々木 顔も頭皮も同じ細胞で、地続きです。なのに、顔を洗えないもので頭皮を洗っていいのか、と疑問に思ったのです。同様に、トリートメントがなるべく頭皮や顔につかないようにしないといけない、というのもおかしいですよね。

 

飯野 確かに。

 

佐々木 一般的なシャンプー&トリートメントの多くは、石油系の洗浄成分にシリコンなどを添加しています。なので髪表面が整い、一瞬で髪の傷みが修復されたように感じますが、使うのをやめると、ニスをはがした白木の床のように、ボロボロになった髪が露呈します。

 

飯野 髪の傷みが根本的に修復されたわけではないのですね。石油系シャンプーから自然派のものに替えると、しばらく髪がゴワゴワするという人もいるのはそのためね。

 

佐々木 そうなんです。でも私はそれがどうしてもイヤで、洗い上がりのよさもひたすら追求しました。そして出来上がったのが、髪や地肌に優しいヤシの実由来のアミノ酸系洗浄成分を主体に、カミツレなどのハーブエキスやシルクプロテインなどの安全な保湿成分を配合した、植物生まれのシャンプーです。髪の生みの親である頭皮が健康であれば、新しく生まれる髪まで元気になります。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top