3種の「角栓」がエイジングを加速させる!? ファンケルの新「マイルドクレンジング オイル」ですっきりと!


今からさかのぼること20年前、クレンジングはクリームタイプが主流だった時代に「メイク(オイル)の汚れはオイルで制す」として登場したファンケルの「マイルドクレンジング オイル」

マイクレ1

以来、ボトルデザインや処方の変更など進化を続け、今年9月の段階で総売上本数は6800万本超え(!)と不動の人気を誇っています。ボトルをつないだら東京からニューヨークに到達する長さに、積み上げるとエベレストを約628回も往復する高さになるというのですから、ものすごい量ですよね。

 

そしてこの11月、「マイルドクレンジング オイル」がさらに進化して登場です!

マイクレ2

今回のリニューアル技術について、説明してくださったのはファンケル 化粧品研究所の三譯(みわけ)秀樹さん。

 

「今までに4回のリニューアルを重ね、パワーアップしてきました。ここからどのように改良していくのか、そのポイントを探すことも大変苦労しました」

 

何と、製品が完成するまで二千回以上も試作を繰り返したんですって。その熱き情熱には、感謝しかありませんよね。

 

角栓は「エイジングの素」であると発見!

 

今回のリニューアルで着目したのは、ファンケルの調査で肌悩みトップ5に入っていた「毛穴」。クレンジングに毛穴ケアの効果を求めている声も多いことから、毛穴の黒ずみや開きの原因となる「角栓」についての研究が始まったのだそう。

マイクレ3

角栓は、毛穴から出た皮脂と肌表面の古くなった角層が混ざり合ったもの。脂性肌の人が詰まりやすいと思いがちですが、乾燥肌でも、皮脂分泌が減少する年齢を重ねた肌でも角栓はあります。

 

皮膚の組成を徹底的に研究した結果、角栓に含まれる「脂肪酸」が細胞ダメージや肌の炎症を引き起こし、エイジングを加速してしまうことがわかったそうです。

マイクレ4

その特徴から、角栓を3つに分類。まず1つめが「頑固角栓」。皮脂内に脂肪酸が多いと角栓が固くなるため、落ちにくい状態に。落ちないと毛穴が詰まってしまい、さらに脂肪酸が蓄積することに。そんな悪循環を繰り返すのがこの角栓です。まさに頑固で手強い角栓ですよね。

マイクレ5

発表会では、皮膚pHチェッカーを使って脂肪酸が多い皮脂=「頑固角栓」になり得る皮脂かをチェックすることができました。

 

次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第159回
3種の「角栓」がエイジングを加速させる!? ファンケルの新「マイルドクレンジング オイル」ですっきりと!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top