白髪の「自分染め」の注意点とは?


家で白髪染めをするときの注意点とは?

 

サロンに行けないときは
"自分染め"で乗りきる!

 

染めて1カ月もしないうちに白髪が…。

サロンで染めるまでの間にホームカラーをするときは

美容師さんを困らせない染め方を。

それがきれいなツヤ髪をキープする秘訣です!

 

 

 

教えていただいたのは

横谷百栄さん

(「FIX-UP OMOTESANDO」ヘアスタイリスト)

1973年生まれ。サロンワークをしながら、ヘア&メイクアップアーティストとして雑誌やTVなどで活躍中。その人の個性に合った、ナチュラルかつスタイリッシュなヘアが人気。モデルからの指名も多い

 

 

間違ったホームカラーは
サロンでの美髪仕上げの妨げに!

 

「サロンに行くのは先だけれど、今ある白髪を目立たなくしたい」というとき、ホームカラーは便利ですが…。間違った色選びや使い方で染めたあとにサロンに行くと、希望の色や仕上がりにしづらいことがあるそう! 要注意です。

 

「サロンではお客さまの髪の状態に合わせたカラー剤を選択し、毛先は低アルカリ剤を使用するなど、きめ細かく配慮して染めています。髪にダメージを与える残留アルカリを極力防ぐことができるのもサロンカラーの特徴。市販のヘアカラーはこうした調整がしにくいので、ダメージを最小限にし、次のサロンカラーでの“美仕上がり”を最大限かなえるために、下記の点に留意しましょう」(横谷さん)

 

 

1 現状の髪色よりも暗すぎる色で染めない

「一度暗すぎる色で染めると、あとから明るい髪色にすることはサロンでも困難。髪全体をダークなヘアカラーで染めなければならなくなります。また、ホームカラーで分け目など白髪の目立つ部分を暗すぎる色で染めると、サロンで仕上げるときいちばんきれいに見せたい部分が暗くなってしまい、美容師を困らせることに」(横谷さん)

 

 

2 染めるのは、できるだけ白髪が伸びてきた部分のみに

「前に白髪染めした髪にはすでにある程度のダメージがあると心得、同じ部分を重ねて染めないようにしましょう。ホームカラーを使う場合は、部分的にカラー剤を塗ることができるクリームタイプを選び、付属のブラシで、白髪が伸びてきた髪の根元部分だけにのせるようにして塗ります。クシでほかの部分にとかし広げないようにして」

 

 

3 指定された放置時間を守る

 

「サロンカラーもホームカラーも、カラー剤は髪の色素を抜く作用と、色を入れる作用を同時に起こさせます。色を入れる作用は、長い時間をおくほどしっかり入るわけではなく、むしろ色素を抜く作用が過度になり髪へのダメージが大きくなるだけ。ホームカラーをするときは、使い方の注意をよく読み、放置時間を厳守してください」

 

 

 

次ページに続きます!→

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top