OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/132111/

化粧下地を変えるだけで、マスクにつきにくく、ヨガ後のメイク直しがいらなくなる!?

ナチュラルメイクが主流の今、ファンデーションも素肌感のある仕上がりがトレンドとなっています。となると、ファンデーションの持ちや付きを良くする化粧下地選びも重要になってきますよね。そこで注目したいのが、8年連続で化粧下地売り上げ№1※となっている「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」です。※全国全業態 2010年1月〜2017年12月、化粧下地 金額ベース。インテージSRI調べ

プリマヴィスタ2

あれ?キャップの色が違う?と気づいた人は鋭い! 実は7年ぶりに大改良し、3月6日(火)より新登場となるのです。いっぱいのお花に囲まれた展示が春らしくて、気分もワクワクしてきますよね。

 

マルチな機能を持つ化粧下地が多い中、皮脂くずれ防止に特化してデビューしたのは2010年のこと。今ではテカリ防止を訴求する製品も多くなってきましたが、その中でも3人に1人はリピーターになっているという実力派です。そんな人気製品がどうバージョンアップしたのか、説明してくださったのは花王・マーケッターの畑中彩さんです。

プリマヴィスタ1

「調査の結果、約9割の女性が化粧くずれを気にしていることがわかりました。鏡を見て化粧がくずれていると、テンションが下がり自分の顔にガッカリしてしまいます。そんな女性の気持ちを後ろ向きにする要因と徹底的に向き合い、1000処方を試して今回の改良が完成しました」

プリマヴィスタ3

今までも評価が高かった“テカリ”防止機能がさらにパワーアップ! 花王独自開発の皮脂を吸収する粉体を新たに配合しています。写真左から「新配合された吸油粉体」、「吸油粉体+人工皮脂」。右の「参考粉体+人工皮脂」と比較すると、あきらかに新配合された粉体のほうが人工皮脂を吸収しているのがわかります。

 

パワーアップした秘密はほかにもあります。次のページへ!

プリマヴィスタ4

新処方の下地は、従来から配合されている皮脂固化粉体を増量しています。皮脂を固めて、肌上に広げない技術だそうで、左が「新処方下地+人工皮脂」。右の「旧処方+人工皮脂」と比較すると、皮脂をしっかり固めているのでボトルを振っても液がドロドロしていないのが一目瞭然です。

プリマヴィスタ5

手の甲でテクスチャーを確認してみました。ヒアルロン酸などの保湿成分も配合され、のばした瞬間はとてもなめらかなつけ心地です。それが、肌になじませていくと表面サラサラ! 今まで好評だった使用感を変えないためにも、かなり試行錯誤したそうです。

プリマヴィスタ6

イメージモデルは、引き続き石原さとみさん。

でも若い世代ばかりではないのです。汗・皮脂による化粧くずれにさらに強くなり、肌への密着性を高める高密着皮脂形成処方も採用。表情を変えることで肌が動いたり、こすったりしてもファンデーションのとれやヨレを防止します。

だから、マスクにもつかないし、ヨガのレッスン後にメイク直しをしなくなったという人もいるとか。これは頼もしい〜!

プリマヴィスタ7

3月6日(火)改良新発売

「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」

 

 

気温や湿度が高くなってくるこれからの季節に、テカリのないきれいな仕上がりをキープする化粧下地はまさに私たちが求めているもの。プリマヴィスタ史上最強のくずさない下地に進化したその実力を、あなたの肌で試してみては?

 

「ソフィーナ プリマヴィスタ」

<前の記事

<前の記事
第170回/オーガニックアイスクリーム店で知ったミントアイスの本当の色って?…

次の記事>

次の記事>
第172回/身体の不調を引き起こす二大原因、「慢性炎症」と「低体温」とは?…

この連載の最新記事

アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

第280回/アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

第279回/まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

第278回/良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル