毎月3日間だけ販売される「笹屋伊織」の銘菓「どら焼」

プロフィール写真

旅ライター&京のおもてなしリーダー
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
3年前より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

享保元年(1716)創業の「笹屋伊織」。長年、京都御所、神社仏閣をはじめ、茶道のお家元などの御用を務めていた和菓子の老舗です。

小原さん 笹谷伊織 外観

小原さん 笹谷伊織 看板

雅な京菓子で知られるお店ですが、ここには他では味わえない特別な品があるのです。それが銘菓「どら焼」。

小原さん 笹屋伊織のどら焼

そもそもこの「どら焼」のはじまりは、江戸時代末期。店の近くにある東寺のお坊様から、副食になる菓子を作って欲しいとの依頼を受け、五代目となる笹屋伊兵衛が考案。お寺でも作れるようにとの配慮から、鉄板に替り銅鑼の上で焼くことを思いついた、まさに画期的な品なのです。「どら焼」というと、丸い小ぶりのパンケーキのような皮に餡を挟んだ銅鑼の形状のものを思い浮かべますが、ここ「笹屋伊織」の品は、竹皮に包まれた棒状の形をしています。それを輪切りにすると、中心部の餡を薄い皮が渦巻状に包み、まるでバームクーヘンを思わせる形に。こちらは、菓子の形状ではなく、銅鑼で焼いたことによる、まさに「銅鑼焼き」なのです。

小原さん 像

もっちりとした皮と程よい甘さのこしあんの調和は抜群で、その美味しさは、僧侶の間だけでなく、たちまち町の人達の話題に…。実は作るのに、手間がかかる「どら焼」。職人の技も必要で、当時、あまりの人気に店はてんてこ舞い。そこで店主は、東寺の弘法市が開かれる毎月21日の1日限定販売をすることに。以来、弘法市の評判のおみやげになったそう。

 

現在は、毎月20、21、22日の3日間限定で、弘法市および「笹屋伊織」の各店舗や百貨店で手に入ります。また、インターネットでは、予約ができるようになっていて、昔より手に入りやすくなりました。それでも毎月3日間だけ、この日を逃すと翌月まで待たなければならない味。

小原さん 笹屋伊織2

今も、当時の製法を守り、変わらぬ味わいを守り続ける「どら焼」。ずっと買いそびれていた私ですが、初めて食べた時、その美味しさに感激。棒状なので、3センチほど切って頂いたのですが、ついもう3センチ…と、気づけば半分ほど食べてしまいました。

小原さん どら焼

どこか懐かしい感じのする素朴な味わいで、次の月も食べたくなり、今では弘法さまの日が待ち遠くなっています。京都の友人たちでも、美味しさは噂では知っているものの、食べたことがないという人も多い、限定の味。友人を訪ねるときの手土産にすると、感激される品なのです。

ぜひ、1度味わって欲しい、京都の昔ながらのお菓子、それが「笹屋伊織」の「どら焼」です。賞味期間は7日間。一本1512円(税込)。

 

 

「笹屋伊織本店」

京都市下京区七条通大宮西入ル花畑町86

☎075-371-3333

営業時間9:00~17:00

http://www.sasayaiori.com/

 

京都を案内するブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

シェア ツイート LINEで送る
第87回
毎月3日間だけ販売される「笹屋伊織」の銘菓「どら焼」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top