幸せ筋アップ&不幸筋膜はがし/ 幸せ筋引き上げ①フェイスラインに効く!

プロフィール写真

薩摩宗治

さつま骨格矯正鍼灸整骨院総院長。柔道整復師。柔道整復の技術とオステオパシーテクニックを融合した顎顔面骨格矯正を専門とし「さつま式メソッド」を確立。著書に『顔面筋革命』(講談社)

舌筋群以外の幸せ筋を鍛えるメソッドもプラスして、さらに引き上げ! 2回に分けてご紹介します。

 

 

頭から顔を引き上げる側頭筋
などさまざまな幸せ筋を強化

「1分舌ストレッチ」に加えると効果的な幸せ筋トレーニングが以下の4つ。「側頭筋は嚙むときに動く筋肉。顔を頭から引き上げるパワーが高いので"側頭筋引き上げ"で強化を。顔がこけてたるみやすい人は頰筋、口輪筋、舌筋群を鍛える〝頰プッシュ"が効果的。〝唇と鼻の下引き上げ"と"うに体操"は大・小頰骨筋、口輪筋、上唇挙筋、笑筋を鍛えられ鼻の下や口元のたるみに◎。すべて行うと理想的ですが悩みに合わせて選んで行ってもOK」

 

 

 

フェイスラインを頭から引き上げ

側頭筋引き上げ

顔たるみ 側頭筋引き上げ1

1 カチカチと歯を合わせる
と動く筋肉をとらえる

耳の上の側頭部に両手の親指以外の4本の指を当てます。そのままカチカチと歯で嚙む動きをし、このときに動くのが側頭筋。この筋肉を指でしっかりととらえます

 

 

顔たるみ 側頭筋引き上げ2

2 側頭筋をできるだけ
上に引き上げてキープ

側頭筋をしっかりと指でとらえたまま、できるだけ上にぐーっと引き上げて90秒キープ。1回行えばOK

 

 

 

頰のこけだるみを改善

頰プッシュ

顔たるみ 頬プッシュ

頰を内側から舌で
ぐーっと押す

舌を頰の内側に当て、外に向かってぐーっと押して30秒キープ。これを左右各1回。頰筋や口輪筋のよれが改善し、ふっくらした頰に

 

 

 

 

次回は幸せ筋引き上げメソッドの2回目をご紹介します。

 

 

 

 

撮影/玉置順子(t.cube) ヘア&メイク/広瀬あつこ モデル/栗本奈央 スタイリスト/程野祐子 構成・原文/和田美穂

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第4回
幸せ筋アップ&不幸筋膜はがし/ 幸せ筋引き上げ①フェイスラインに効く!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top