首のたるみなどには、下顎リガメント(靭帯)ケア

プロフィール写真

小野晴康

ソリデンテ南青山院長。理学療法士。柔道整復師。理学療法に基づく独自のメソッド「ミオドレナージ」を考案。モデルなど著名人の顧客多数。著書に『ダイエットマッサージ大全』(光文社)など

ほうれい線や首のたるみが目立つようになったら、下顎リガメント(靭帯)が衰えてきた証拠。今回ご紹介するケア法でフェイスラインや首をリフトアップしましょう。

 

 

ほうれい線

首のたるみ

フェイスラインのたるみ

下顎リガメント

口角の斜め下あたりにあるのが下顎リガメント。ケアするとフェイスラインや首がリフトアップし、ほうれい線も目立ちにくく

顔たるみ 下顎リガメント1

1 押す

口角の斜め下あたりに左右の手の人差し指と中指を当て、イタ気持ちいい程度の強さで1秒押します。これを3回

 

 

顔たるみ 下顎リガメント2

2 つまむ

次に、同じ部分を親指と人差し指の側面でつまみ、次に離します。これを6回繰り返しましょう

 

 

 

 

次回は「顔たるみの隠れた原因! インピンジメントほぐし」についてご紹介します。お楽しみに。

 

 

 

 

撮影/玉置順子(t.cube) ヘア&メイク/広瀬あつこ モデル/栗本奈央 スタイリスト/程野祐子 構成・原文/和田美穂

 

シェア ツイート LINEで送る
第14回
首のたるみなどには、下顎リガメント(靭帯)ケア

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top