手離せなくなること必至!ポケット感覚で使えるミニショルダーバッグ

〈材料〉

布地……………本体 20x46cm 2枚(表布と裏布の色を替えるのもおすすめです)

飾り用リボン…お好みの太さと長さで。目安15x12cmなど2枚で1組

Dかん‥‥……2個(1cm)

テープ…………Dカン用のテープ。1cmx5cmx2本

肩ひも………‥アクリルテープや綿テープ:目安2cmx70~100cm

ナスカン………2個

 

肩ひもはお手持ちのナスカン付きのショルダーひもでもOKですよ。

〈作り方〉

縫い代は全て7~10㎜で

 

①本体の布2枚(表布と裏布)を裁つ。残りの布は飾りリボン用にとっておく。

今回は、右の黄緑色の布を表に、左のグレーの布を裏にしました。

 

②Dカンにテープを通し、表布の開口部から8~9cmの位置に待ち針でとめておく。

表布、裏布の両わきを上から下まで縫う。

(縫った後、アイロンで縫い目を割るときれいに仕上がります)

 

③開口部を縫い合わせる。

表布と裏布が共に布の裏面が向き合うように合わせて待ち針でとめてから縫う。

表布に縫い目が出ないように仕上げるときれいです。

④肩ひも

ナスカンに肩ひもとなるテープを縫い付ける。

今回は長さ調節用の金具は使用しないので、好みの長さで仕上げる。

 

バッグの基本の形はこれで完成! 

 

とってもかわいいサイズなので、きっとすぐ使いたくなってしまいますよ。

 

 

続いて、デコ仕上げとして素敵にバージョンアップする方法をご紹介!

シンプルなバッグもリボンやボタンなどのパーツの使い方次第でグーンと素敵になります。

今回は布を縫って、おとなイメージのリボンを作りそれをバッグに縫い付けてみます。

ポイントはリボンリボンしたかわいいイメージにしないこと。

布で作るので好きなサイズ、好きな形にリボンが作れ、リボン作り初めて!という方でもとっても簡単です。

↑冒頭でもご紹介した上の写真のバッグに付いている大き目リボンは、本体のバッグと同じ若草色の布を四角に縫ってバックルに通し、バッグのフタ部分に縫いつけてみたものです。

 

 

↓布リボンでデコレーションした他の完成品たち。

 

★次ページでは、布リボンの作り方をご紹介します!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第19回
手離せなくなること必至!ポケット感覚で使えるミニショルダーバッグ

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top