乾燥老化 ㉕インナーケアで体内から乾燥対策(サプリやオイル)


これまで、パーツ別ボディの乾燥対策についてみていきました。しかし肌の潤いは本来、体の内側から生み出されるもの。乾きにくい肌を育てるために、手軽にとれるサプリメントや食用オイルを活用するのも手!というわけで、今回はインナーケアについてご紹介します。外側からだけではなく、体内からも乾燥対策をしましょう。

 

 

 

潤い美肌を保つ食品や
サプリメントを積極的に

肌の潤いを保つためにも気をつけたいのは食生活ですが、必要な栄養を通常の食事だけでとるのは難しい…。美肌のための栄養は、サプリメントなどを活用して効率よくとるのもおすすめ。

 

「肌の乾燥対策には、食品では、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などビタミンAを豊富に含む緑黄色野菜がおすすめ。レバーやチーズ、卵、牛乳などに含まれるビタミンB2や、魚やとうもろこしに含まれるビタミンB6も美肌のためによいと考えられています。サプリメントでとる場合も、これらの成分を配合しているものを選ぶことをおすすめします。また一般的に食品は、胃で分解されて栄養が血液へ送られますが、分子が大きいと肌まで到達しにくくなります。肌の潤いやハリをサポートするセラミドやコラーゲンは、その分子を小さくして配合したサプリメントでとるのも手です」(赤須先生)

 

それから、油は太るのでは? と油分を敬遠する人も多いですが、それは誤解。油分は、女性の体に必要なものです。特に年齢を重ねると、オイル抜きの食生活は肌をカサつかせる原因なります。体内への吸収が早く蓄積しにくいMCTオイルやココナッツオイル、体に必要な必須脂肪酸を含むアルガンオイルや亜麻仁油を上手に取り入れて。そのまま口に入れられるオイルやサプリメントが便利です。

 

 

次ページで、インナーケアに有効な商品をご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第25回
乾燥老化 ㉕インナーケアで体内から乾燥対策(サプリやオイル)


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top