OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/16840/

創業七百余年の刀匠の技から生まれた爪切り

創業七百余年の刀匠の技から生まれた爪切り

 

アーケードが道を覆う京都三条通は、寺町、新京極に通じ、修学旅行生が、京みやげを求めて、必ず立ち寄るショッピング通り。しかし、この通りのにぎわいは、今に始まった訳ではなく、昔から京を訪れる人たちが、江戸に向かう東海道の出発点という立地から、さまざまな京みやげや匠の逸品を求めたところです。今も、この通りには、針、扇、仏具など、江戸時代から続く老舗が点在。その中に、金文字で、「菊一文字」と描かれた看板が、ひときわ目を引く、趣ある構えの店があります。

 

そこは、創業七百余年前、後鳥羽上皇の時代、刀匠の元祖とも言われる則宗が、作刀に菊の御紋を頂き、その下に一の文字を入れたことから、「菊一文字」と呼ばれるようになったという長い歴史に培われたお店です。明治9年の廃刀令発布からは、代々受け継がれた作刀の優れた技は、包丁、ハサミ、ノミをはじめ、多種にわたる職人の刃物などの製作に活かされてゆきます。

京都爪切り

クローム仕上げの爪切り ゴールド1200円、シルバー1100円(各税込み)

 

店内に並ぶさまざまな種類の刃物。その中で、心惹かれたのは、店の中央部のケースに並ぶ爪切り。現在店主を務める泉将利さんに、どれを選んだらいいか伺うと、「よほど固い爪や巻爪以外は、ニッパータイプより、ふつうの爪切りがおすすめです。爪切りを用いると、爪が割れる…という人もいますが、それは爪切り次第なのでは…」と。さっそく家で、その切れ味を試します。さすが刃物の老舗、薄目のシャープな刃は、スパッと気持ちいいように爪をカット。切り口もなんとも滑らかです。テコの原理を利用した抑える部分の感触も、程よい弾力。思うように爪が切れる心地よさに、つい切りすぎてしまうほど…。

 

爪切りについているヤスリ部分も細かく、使えばいっそうスムーズに…。「菊一文字」と、爪切りいっぱいに描かれた青い文字は、まさに自信の表れと納得。長年使っても、切れ味は変わらないそうで、まさに一生ものの爪切りになりそうです。

 

茶道、華道、日本舞踊などをたしなむ京美人の爪は、実は、みんな短めに美しく切りそろえられています。もちろん舞妓さんも芸妓さんの爪も、短め…。華やかなネイルファッションの爪より、そっと手を握りたくなるのは、きちんと切りそろえられた爪の手だと、ある老舗の旦那の話。最近は、スマートホンなど、タッチパネルで操作する機会も多く、短めの爪がいいという人も急増中。美しく整えられた爪には、さりげない色香が漂う…京美人は、きっとそれも熟知しているのかもしれません…。

 

打刀物司 菊一文字
京都市中京区三条通寺町東入ル石橋町14 ☎075-221-0077
http://www.kikuichimonji.co.jp/

 

 

小原誉子

ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」 http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

 

 

<前の記事

<前の記事
第10回/貴船の清らかな水から生まれた潤いのクレイマスク…

次の記事>

次の記事>
第12回/ファッションのポイントになる美しい手ぬぐい…

この連載の最新記事

有職雛人形司がつくるお誂えの雛人形 「京ひな人形  西陣たくみ人形」

第110回/有職雛人形司がつくるお誂えの雛人形 「京ひな人形  西陣たくみ人形」

着物に関するお悩みを気軽に相談できる「きものステーション・京都」

第109回/着物に関するお悩みを気軽に相談できる「きものステーション・京都」

今や稀少な純国産の天然シルクフィブロインを使用したスキンケア「QINUDE(キヌード)」

第108回/今や稀少な純国産の天然シルクフィブロインを使用したスキンケア「QINUDE(キヌード)」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル