パウダーチークで、自然な血色の幸せ顔に!

プロフィール写真

広瀬あつこさん

ヘア&メイクアップアーティスト。女性誌を中心に各メディアで活躍。その人の最大キレイを
引き出すセンスとテクニックに定評がある。女優からの指名も多い。著書『スマイルメイク
-5歳で引き寄せ力UP ! 』(世界文化社)も好評

印象をグッとアップする若さを引き出すハイライト&チークをご紹介している本連載。前回は、パールベージュのハイライターでツヤとハリを出す方法をご紹介しました。最終回の今回は、パウダーチークの使い方をご紹介します。

 

 

パウダーチークで
自然な血色に

ヘルシーな血色感や女らしいふっくら感を演出するのがチークの役目。さっとワンストロークで仕上がるパウダーチークを味方につければ、忙しい朝でも簡単。「ポイントは自分に合った血色カラーを選ぶことと、入れる範囲をマスターすること」と広瀬さん。指先を圧迫したときの色が自分の血色。その血色チークを下記の範囲に入れれば即、幸せ顔に!

 

1.ヘルシーな血色感とふっくら感は

頰のグラデ塗りがポイント

血色感とふっくら感を出すには、笑って高くなる位置がいちばん濃く、それを囲むようにうっすらグラデーションになるように入れるのがコツ。左ページの1のプロセスの順番通りにすれば、3ストロークで完成。

 

2.鼻をまたいだひと塗りで
チークが肌と一体化!

パウダーチークは練りチークより手軽な分、チークを入れている感が出やすいのが難点。でも大丈夫。鼻をまたいだこの3カ所に、それぞれひと刷毛(はけ)すれば、肌との自然な一体感が実現します。

 

3.耳たぶとあごのひと刷毛で
女らしさががぜんアップ!

チークを頰や鼻付近につけたあと、最後は耳たぶとあごに、ブラシに残ったチークを、それぞれふわっとひと刷毛。これを加えることで、女らしい血色感がプラスされ、より初々しい色香がアップします。

 

 

次ページで、パウダーチークの使い方をレクチャー!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top