美髪な女性たちの「選択とケア」/100%ヘナの2種類使いでつや髪に


100 %ヘナならデトックス&トリートメント効果の一石三鳥

 

セルフケアで美髪をキープしている人の対策とは?

 

自宅でのヘナ染めやカラートリートメント、そしてウィッグまで。

セルフケアで上手に白髪カバーを実践している人に、そのやり方を教えてもらいました。

 

ここでは3人のセルフケア法をご紹介します。今回は、白髪を染めるだけでなく、トリートメント効果もあるヘナを使用している中嶋マコトさんです。

 

 

 

中嶋マコトさん

(モデル、ビューティジャーナリスト・1970年生まれ)

back
天使の輪が出るほどのツヤと、しなやかな指通りのロングヘアは中嶋さんのトレードマーク。この美しさは、2週間に一度のヘナ染めと、日頃のヘアケアで維持

 

 

カルテ

● 白髪率/5%

● 多発地帯/右頭頂部の内側

● その他の悩み/ボリュームがない

 

 

100 %ヘナの2種類使いで、自分でつややかな黒髪に染めている中嶋さん。まずシャンプー後に髪全体にオレンジのヘナを塗布し、約1時間後に洗い流します。続いてインディゴのヘナを塗布し、ラップでカバーした上にタオルで巻き、今度はそのまま寝て、翌朝洗い流します(タオルや寝具への色移りに注意)。

 

オレンジだけだと白髪が赤く染まるだけで、インディゴだけでは色がつきません。2色を重ねることで、初めて美しい黒髪に染まります。これを2週間に一度、実践中。

 

「100 %ヘナは白髪を染めるだけでな く、頭皮のデトックス効果や髪への トリートメント効果があります。頭 皮や髪を健康に導き、ハリ・コシの あるつややかな髪に仕上がります」

 

 

 

100%ヘナは2色使いで

中嶋さん愛用の、右がオレンジ色の「ナイアードヘナ」、

左がインディゴの「グリーンノートヘナ オーガニータ」

 

髪にいいものは積極的に

[右から]サプリ「ハッピーシリカ」、

ITORIMのシャンプー&コンディショナー、uruotteのリタッチヘアマスカラ

 

頭皮の健康を守る!

頭皮を優しく乾かすヤーマンの「スカルプドライヤー」や、

マッサージ器、シスレーの頭皮用エッセンスも美髪ケアに大切

 

 

 

次回は、進化型カラートリートメントでの白髪ケアの対策している方をご紹介します。

 

 

撮影/玉置順子(t.cube) ヘア&メイク/茂山友紀子(biswa) 取材・原文/山村浩子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top