美髪な女性たちの「選択とケア」/カラートリートメントの実力


毎日のバスタイムでOK! 進化型カラートリートメントの実力

 

セルフケアで美髪をキープしている人の対策とは?

 

自宅でのヘナ染めやカラートリートメント、そしてウィッグまで。
セルフケアで上手に白髪カバーを実践している人に、そのやり方を教えてもらいました。

 

今回は、毎日のバスタイムのトリートメントで白髪ケアをしている木村優子さんです。

 

 

 

木村優子さん

(加圧トレーニング・インストラクター、

サキュレ銀座スタジオ主宰・ 1963年生まれ)

side
もともと地毛がほんのり茶色。そこに白髪に明るい茶色が入ったことで、髪にいい感じの表情が生まれました。ツヤもアップして、滑らかな指通りに仕上がります

 

 

カルテ

● 白髪率/5%

● 多発地帯/フェイスライン

● その他の悩み/少しクセ毛 

 

 

「今まで、パーマもヘアカラーも一切しないで過ごしてきたので、白髪もそのままにしようかとも思ったのですが、娘に指摘され、カラートリートメントを使いはじめました」

 

シャンプー後に白髪のあるところを中心に塗布し、全体に馴染ませます。そのまま湯船につかってしばらくおき、洗い流すだけ。

 

「日々のバスタイムでできる手軽さが何よりの魅力。使いはじめて約半年になりますが、白髪が気にならなくなりました」

 

また、これ以上白髪を増やさないために、抗糖化のサプリを飲み、発酵オイルで首や頭皮のマッサージをして血行促進を心がけています。

 

 

 

ストレスゼロで納得の効果に大満足

日々使うことで、白髪に少しずつ色がつくカラートリートメント。

木村さんは資生堂の「プリオール カラーコンディショナーN」を愛用

 

サプリやマッサージで白髪を増やさないケアも

右は血流や炎症に働きかける発酵オイル、美・ファイン研究所の「ルルドビオ」。左は抗糖化のサプリ、アンチエイジングコミュニケーションの クラージュ440」

 

 

 

次回は、部分ウィッグ使いでの白髪カバーをご紹介します。

 

 

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク田代ゆか り(HAPP’s) 取材・原文/山村浩子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第6回
美髪な女性たちの「選択とケア」/カラートリートメントの実力


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top