白髪に関する素朴な疑問(後編)毎日シャンプーしたほうがいいの?ほか


白髪に関する素朴な疑問 正しい知識で白髪を予防!

白髪を予防するための生活習慣など、Q&A形式で白髪にまつわる知識や疑問とその答えをご紹介します。

 

■ お話を伺った人
竹岡篤史さん
ネイチャーラボ セルラボ所属 共同開発コンサルタント
菅野麻衣さん
イーラル 営業部教育グループリーダー

 

 

Q 白髪を予防するために注意することは?

 

A バランスのよい食事は大事! 喫煙、飲酒、睡眠不足も大敵。

健康な毛髪を作るには多くの栄養が必要です。タンパク質は必須で、そのサポートやメラニンの産生には亜鉛、鉄分などのミネラル類が、抗酸化や血行促進に役立つビタミンB、C、Aもとりたい栄養素。これらのバランスのよい食事を心がけ、栄養吸収を阻害する喫煙、多量の飲酒はNG。また髪の成長にかかわるホルモンは睡眠中に活発になるので、寝不足も大敵です。(竹岡さん)

 

タンパク質やビタミンBは肉や魚に、ミネラルは貝類や小魚、ビタミンCやEは青菜に豊富。薬膳的には黒ごまやなつめなども白髪にいいとされています。こうした栄養素をバランスよく摂取する習慣が白髪を増やさない第一歩!

 

 

Q 毎日シャンプーしたほうがいいの?

 

A 正しいシャンプーで皮膚 常在菌のバランスを守って!

シャンプーは毎日行っても問題ありません。ただし熱すぎる湯で、ゴシゴシこすり洗いは禁物。自分に適したシャンプー剤を使い、38~40℃のぬるま湯で、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。頭皮にも皮膚常在菌がいてバリア機能を担っています。かゆみやフケ、抜け毛の多い人は、きちんと頭皮が洗われてなく、常在菌バランスが悪くなっている可能性が。(竹岡さん)

シャンプ-時は下を向かずに、つねにシャワーは上から、ぬるま湯をかけるのが鉄則。この「女優洗い」だと、気になるフェイスラインのすすぎ残しを減らせ、髪もツヤツヤに

 

Q 白髪にならないためのヘアケアは?

 

A 頭皮の血行促進や保湿も大切です。

白髪も薄毛も頭皮の環境が悪くなり、健康な毛髪が発育できない状態です。その原因のひとつが頭皮の汚れ(酸化した脂)や乾燥。さらに最近多いのは血行不良です。きちんと頭皮を洗ったら、肌と同じように、頭皮にも専用の保湿美容液を使うことがおすすめ。また、頭皮の血行を促進するために、ブラッシングや頭皮マッサージを毎日の習慣に。時々、ヘッドスパサロンなどで、プロにケアをしてもらうのもいいと思います。(菅野さん)

 

ブラッシングは毛髪の流れに逆らうように行います。例えば、前頭部は分け目と逆に、後頭部は衿あしから頭頂部に向けてとかします。ヘッドマッサージは指の腹で頭皮を動かすようにして、頭全体をほぐしていきましょう

 

 

次回は、あまり白髪がない人の生活習慣&ケアについてご紹介します。

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/山村浩子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第13回
白髪に関する素朴な疑問(後編)毎日シャンプーしたほうがいいの?ほか


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top