重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

祇園の老舗履物店の技とこだわりから生まれた革新的なビーチサンダル 「祇園 ない藤」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

四条通から大和大路通を南に進むと、虫籠窓(むしこまど)とうだつが特徴的な趣ある店、「祇園 ない藤」があります。京都市より「歴史的意匠建造物」に指定された明治末期の建物で、木枠のショーウィンドーには、さまざまな種類の草履が鎮座しています。

 

「ここは、他の履物店とはどこか雰囲気が違う」と思い、以前から店の前を通るたび、その草履に漂う控えめな艶やかさと品格に心惹かれ、しばし眺めていたことも。

ここ「祇園ない藤」が、祇園で履物(下駄)を扱うようになったのは、明治8年のこと。材木と織物を商いはじめ、その残りの材で下駄を作ったのがはじまりだそう。明治30年に北野天満宮の近くで履物業を開業し、その後、かつて支店だった祇園の現在の地に移ったそう。

 

そもそもここは、すべて「御誂え」で履物を扱う店で、店内に並ぶ草履や下駄は、いわばサンプルで、客は、まず足形を採寸し、目的にあった履物を注文するようになっています。

「その人に合うものしか、お作りしない」という店主の内藤誠治さん。長い歴史に培われた技術により、丈夫で足にしっくり馴染む、その人だけの草履ができるのです。

シンプルな形状の草履ですが、なぜかここのフォルムは、美しい。端整でありながら、どこかやさしさを湛えた表情をしています。

また、友人に聞くと「ここで20年以上前に草履を作ってもらって、それをずっと鼻緒や底を修理しながら使い続けている人も多いそうよ。履き心地がよくて手放せないですって~」と。アフターサービスも素晴らしく、一生面倒を見てもらえるお店なのです。

 

草履や下駄も着る着物や伺う場所によって異なりますが、まずは一足、小紋や紬での外出に履くのが楽しみになる頼りになる草履を作りたいものと思うばかりです。

尚、オーダーは、注文してからできるまで、一か月ほどかかるそうです。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第106回
祇園の老舗履物店の技とこだわりから生まれた革新的なビーチサンダル 「祇園 ない藤」


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top