ベトナムのハーブたっぷり美容食の巻

プロフィール写真

トラベルライター。
大学時代にツアーコンダクターの資格を取り、その後、僻地探検、旅行コンサルタントなどを経て、現職に。これまで世界97ヶ国、1000都市以上をめぐる。エッセイや翻訳書の著書も多数。

東京-ハノイ 2,297マイル

井原さん ベトナム地図

地図製作 MARINA

 

アテンションプリーズ!!
みなさま、出発の準備はできましたか?
今回の目的地は、ベトナムはハノイでございます。

 

ベトナムは、名物料理を毎日食べても太らないありがたい国。しかもスパが安い!と来たら、大人ビューティトラベルの目的地として最高ですよね。

井原さん ベトナム 街中

〈ハノイ市内〉

 

街に降り立つ前に、ハノイの街を生き延びるための5か条をお読みください。

1)道路を渡るときは、決して立ち止まってはいけません。クルマとバイクの来る方をにらみつけながら歩調を変えることなく渡りましょう。

井原さん ベトナム バイク混雑

井原さん ベトナム バイク

このでたらめな道路を横切るには、相当な勇気が必要です。私は、現地の人にぴたりとくっついて渡ることにしております。

 

 

2)ベトナム名物の麺料理‘フォー’は朝ご飯です。美味しいお店は売り切れ御免。早めに起きて、午前中に食べてしまいましょう。

 

3)日本のMサイズはベトナムではLかXLサイズと心得ましょう。特にボトムスはマネキンがはけないほどの細いサイズが主流です。気に入った服を見つけてMが入らなくても嘆いてはいけません。太ったわけではありません(たぶん)。

 

4)靴のサイズ表記もでたらめです。サイズを信じないで必ず試着しましょう。

 

5)かなり頑張っても、「シンチャオ=こんにちは」以外のベトナム語の発音を聞きとってもらえることはないと覚悟しましょう。行き先などは紙に書いて渡すのが無難です。

 

番外
アオザイ美人のナイスバディを目指すには、まず街のマーケットに行き山ほど売っている厚手パット搭載超上げ底ブラを購入すること。いい感じで胸が盛れます。

*5か条制作協力(ベトナム在住歴6年ライター 只木良枝)

 

 

 

では、街へ行って、ベトナム美容食を食べてましょう。

ベトナム料理の中で生春巻きとフォーは日本でもかなり一般的になってきました。ですが、最初に日本でフォーを食べたときは、びっくりしましたよ。なぜなら、ミントや香菜がほんのちょびっと載っているだけだったから。
本場のフォーは、こんな感じです。

井原さん ベトナムフォー

こんな風に思いっきり野菜がのっています。

 

 

この山盛りのハーブこそ美容と健康の秘訣。
香りの強いお野菜は、その香りのパワーで気の巡りを良くすると言われています。また、香菜やミント、バジルには、消化促進やデトックス効果があり、ビタミンも多く含まれていますので、これを山盛りで食べないと美容食としてのフォーを食べている意味がないのです。

また、ベトナムには、米を使ったさまざまな麺料理があり、新鮮な魚介類も豊富。地鶏や牛肉も美味しいものがあるため、 たんぱく質と米や麺の糖質もバランス良く食べられます。さらに、唐辛子、ニンニク、生姜をたっぷりと使ったものが多いため、身体が燃焼モードになります。

 

 

ただし、たまにこんなお友達がハーブの間に隠れているので、やや注意が必要です。

井原さん ベトナム 青虫

滞在3日目のホイアンのリゾートで初めて青虫くんを発見。それからは、ハーブをよく見てから食べるようになりました。

 

 

ハノイへ行ったら、これだけは食べて欲しいのが、完璧美容食ブンチャー。
ブンは米麺、チャーは混ぜるという意味で、日本でいえば「つけ麺」のようなもの。
今回は、旧市街にある有名店’Dac Kim(1 Hang Manh)’に行ってみました。

お店はベトナムの人たちで満員。

井原さん ベトナム ブンチャーの店

井原さん ベトナム ブンチャー揚げ物入り

どうです!タンパク質とビタミン、糖質の見事なバランスを!
器の中に唐辛子と一緒に盛ってあるのは、にんにくのみじん切り。
粗びきハンバーグを炭火で焼いたものと、山盛りの香草をブン(米麺)の器に入れて、スープとチリソース、唐辛子、にんにくをごっそり入れたあと、ライムをぎゅっと絞って食べます。

 

おいしーーーーーーー!!

 

ただし、これを食べたあとに息を吐くと、あまりのにんにく臭でちょっと嫌われるかもしれません。でも!嫌われても大丈夫!それだけの価値はある美味しさですよ。

 

 

こんなハーブ天国なだけに、スパ使用のハーブも「エッセンシャルオイルをちょびっと」なんてケチものではありません。スチームサウナ用のハーブはこんな感じ。

井原さんベトナムスパのハーブ束

井原さん ベトナム ハーブの山
こんなハーブの山がこんもり入ったスチームバスがよくあります。

 

こんな風に山盛りのミントやレモングラス、ローズマリーなどの巨大な茎を豪快にぐるっと縛ったものを入れてくれます。その横には、人のこぶし大の生姜がごろごろ、香りの強いレモンもゴロゴロというハーブの山でいっぱいのスチームルームに一歩入れば、頭がしゃきーんと目覚めるよう。
鮮烈なハーブの香りは野性味たっぷりで贅沢な気持ちになれますよ。

 

朝美食-スパトリートメント-昼美食-町歩き-夜美食-町歩き-足裏マッサージ

 

というローテーションで一週間。繊維質たっぷりの食事と町歩き一日10000歩のヘルシー生活で、美食三昧でしたが体重増減ナシ!
ベトナムならではの快挙でした。

 

井原さん ベトナム 娘と

いっしょに行った娘(編集部注・右)と。

 

宿泊したのは、こちらのホテル。

Sofitel Legend Metropole Hanoi
(ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ)

毎日、たくさんの結婚式がありました。

??????????

 

 

井原さん ベトナム きゅうり水

※アゼルバイジャンで学んだデトックスきゅうり水をベトナムでも発見!

ベトナムの女性たちもデトックスにきゅうり水をよく飲んでいるそうですよ。

 

協力/只木良枝

 

井原美紀ブログ  旅の記録 Let’s GO TO SEE THE WORLD!
http://ameblo.jp/surpriseenterprise/entry-11950491290.html

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第5回
ベトナムのハーブたっぷり美容食の巻

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top