後ろからも見られている髪。ヘアスタイルをもっと素敵に楽しむ方法

プロフィール写真

おうち美容研究家

 

家庭用品の企画・開発のコーデイネーターとして道具開発のコラボ企画を数多く手がける中で食、健康、美容の深い関係にめざめ、50代の坂道を目前に、もっと元気にもっときれい! 素敵に年を重ねるための下ごしらえをスタート。

自分磨き、さびない身体づくり「おうちセルフケアー」を実践。

日々の暮らしの中で取り組める「気軽で楽しいおうち美容」などお役立ち情報を発信。

おうち美容研究家のマダム篠田です。

今回は「髪」にまつわるテーマで綴ってみました。

 

今やファッションアクセサリーのジャンルの一角を担う「ヘア・アクセサリー」。

進化しているいまどき「ヘア・アクセサリー」に注目してみました!

 

集英社へアアクセ1

 

 

ヘア・アクセ小物を扱う売り場がどんどん増えています。

ニューヨークやパリの有名デパートのヘア小物コーナーはデザイナーものも多く

コスチュームアクセサリーのような感覚で大人のファッションのコーデイネートの

注目アイテムです。

 

そんな素敵で魅力的なものが続々日本に上陸。

いろいろ試してみよう~!とウキウキ気分からスタートのはずだったのですが、

実は毛量が多い私…

人からはよく羨ましがられますが、毛量が多い上ロングヘアなので、

アップスタイルとなると、留め金は弾いてしまうは、

束ねきれないなど問題が発生。

ぴったりと合うものが見つからなくて・・・

がっかり。意気消沈。

 

 

そうなると、チクチク手仕事が大好きな私の向かう先は

「やってみよう!手作りへア・アクセサリー」ってことになります。

 

初めてでも大丈夫

おうちで作る・お手製へア・アクセサリーの

ご紹介

身近に手に入る材料でちゃちゃちゃっと手作りをスタートです。

お店で売っているおしゃれなヘア・アクセをいろいろ見て回ったことで

それらを参考にしてちょっとすてき!ぐらいに仕上がるとうれしい!!

 

 

おとなイメージのふんわりバンスクリップ

基本の材料……100円ショップのシュシュ2個とバンスクリップ1個、手持ちの飾り。

 

↓完成イメージ

 

IMG_1009枠

作り方:

1) クリップの左右の穴にシュシュを通す。

2) シュシュの内側と外側を縫い合わせる。もう一方も同様に。

3) 縫い付けたシュシュを中央に寄せて、飾りを通して縫い合わせて完成。

作り方統合①②③

ポイント:

・シュシュは張りのある生地のものを使うと仕上がりが華やかになります。

・クリップは生地を通す穴があるものを選んでください。

・中央のワンポイントアクセントでイメージアップを狙いましょう!

 

完成品をつけてみると…… こんな感じです!

集英社へアクセ3

 

大サイズのクリップを使ったのでアップもしっかり留まりますよ。

集英社へアアクセ4

 

↓中央のワンポイントアクセントの飾りについてちょっとご説明します。

IMG_1079A

京都の寺町の老舗ボタン屋エクランさんで購入。

素材は木で漆のような仕上げになっています。

何かに使えそう!と購入しました。お値段は1000円ぐらいだったかと。

エクランさんには 何に使うの❓みたいなものがいろいろあって面白い!

ここで「エクラン」さんをご紹介いたします!

↓ボタンひとすじ・京都の寺町で60年の歴史のボタン博物館のようなお店。

 店名はフランス語で宝石箱という意味。

 IMG_3678A枠

ボタン好きにはたまらない夢のようなお店です。

今どきここまでの充実品ぞろえのお店があるなんて本当にびっくり!

全国を探してもこの店に及ぶ店はないと思います。

 

フランスのボタン屋さんドロゲリーに行ったのが25年ぐらい前。

その時以来LOVE BUTTONになってしまった私です。

 

1階はこんな感じ。

エクラン内観2

下から上までボタンやブレード、バックルなどの壁に包囲されています。

2階もどうぞ!と声をかけていただいたので、ありがたいお誘いに

急な階段をあがると、そこにも大量のボタン・ボタン・ボタンの箱が

ずらりです。

エクラン内観

またまたあらためてびっくり!にんまりです。

日本のボタンとは明らかに異なる海外からの輸入品も多く

以前は買い付けにもいらしてらしたとのこと。

少し色あせた箱が時代を感じさせます。

手の込んだ仕上げのものはそれなりのお値段がしていますが

ボタンというよりもアクセサリーの領域で使いこなしてみたくなります。

ボタン統合1

 お店のご店主は2代目本間邦亮さん。おうかがいした日は奥様とお嬢様がお店に出ていらっしゃいました。かれこれ1時間以上、ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。

ボタン好き!という方、

ボタンはそうでもないけど面白そう!!という方

ぜひぜひぜひ一度京都に行かれた時には寺町のエクランさんに立ち寄ってみてください。

★ 「エクラン」★

住所 京都市中京区寺町二条下がる榎木町98

 

おうちで眠っているアイテムを利用した手作りヘアアクセサリーのご紹介は

まだまだ続きます。次ページをどうぞ!

シェア ツイート LINEで送る
第5回
後ろからも見られている髪。ヘアスタイルをもっと素敵に楽しむ方法

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top