顔だけでなく手も老けます! だから手作りボタンリングで手もと美人になりましょう

プロフィール写真

おうち美容研究家

 

家庭用品の企画・開発のコーデイネーターとして道具開発のコラボ企画を数多く手がける中で食、健康、美容の深い関係にめざめ、50代の坂道を目前に、もっと元気にもっときれい! 素敵に年を重ねるための下ごしらえをスタート。

自分磨き、さびない身体づくり「おうちセルフケアー」を実践。

日々の暮らしの中で取り組める「気軽で楽しいおうち美容」などお役立ち情報を発信。

シャネルのボタンやビンテージボタンなどの

おしゃれボタンで指輪を手作りしてみませんか。

 

(前回のブログ、『手作りへアアクセ』がとっても好評!ぜひまた手作りアイデアで書いてくださいと編集部のギリコさんから強いリクエストがあったので、今回は予定していたつや髪づくりのテーマを延期し「手づくりボタンリング」に変更させていただくことになりました。)

 

OurAge世代ともなると価格に関係なく、たくさんリングをお持ちの方が多いと思います。

それこそ若い頃に頑張ってお金を貯めて買い、今の手には似合わなくなりかといって処分はできないジュエリーリング、親から受け継いだけどデザインが古めかしくてなかなか出番のないリングなど……。持っているけれど活用していないものもおありかと思います。

 

年齢とともに変わるのは顔だけではありません。

手も変わります。しかも手はお化粧できません。

そんな手を素敵に演出してくれるリング、それが手作りボタンリングです。

shinoda_button10

 

shinoda_button02

(↑これ、全部ボタンリングです。お菓子の箱に収納してみました)

 

 

私がボタンリングにはまったきっかけは

指のコンプレックスと素敵なボタンとの出会いからでした。

 

 

指の悩みは人それぞれ。

私の場合は関節の変形でした。

 

指が太い、指が短い、関節が太いなど指の悩みはいろいろとありますが

私の場合は50代に入って、ふと気がつくと関節の一部がコブのように少しふくれて

変形していることに気付きました。

 

指こぶ写真

アレ?小指と薬指にうおのめ?たこ?と、

うおのめとりのシールを貼ってみたりしたのですが、

ちょっと違うよね・・・・と。

医師に見てもらうと指の変形性関節である「ヘバーデン結節」と診断されました。

 

原因は不明、一般に40歳代以降の女性に多く発生するとのことで

加齢でおきる症状のひとつと言われました。

加齢と言われると納得するしかないのですが、大丈夫?とちょっと心配。

 

幸いにして私の場合は痛みも不便さもなく、様子見と診断されました。

手は年齢が出ると言われているだけに、気にならないと言えばうそになります。

 

字を書いたり、レジでの支払いやカードのサイン、スマホ操作など

人前で手を使う機会って本当に多く、

指に視線が集まっているのでは…と感じるようになりました。

 

 

そんななか、人目が気になる指だからこそ

遊び心いっぱいのボタンリングで指先をすてきにカモフラージュし

関節への注目を逸らすることを思いつきました。

 

 

きっかけは

ビンテージもののシャネルのメゾン(パリのアトリエ)のボタンとの出会いです。

shinoda_button03

 

 

 シャネルのアトリエから出てきたビンテージボタン

2年前、ビンテージもののボタンを扱う『エル・ミューゼ』さんの青山スパイラルでの

展示&販売会にうかがうと、そこにあったのがシャネルのメゾンのボタン。

こんな素敵なボタン、ぜひ活用したい!と指輪にすることを思いついたのです。

 

↓エル・ミュゼさんの青山スパイラルの作品例。

shinoda_button04

それでは、いよいよボタンリングの作り方を次ページでご紹介します!

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第6回
顔だけでなく手も老けます! だから手作りボタンリングで手もと美人になりましょう

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top