OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

手づくり飴の魅力をアクセサリーに「nanaco plus+」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

手づくり飴の魅力をアクセサリーに 「nanaco plus+」

 

 

どこか懐かしさを覚える色と形…日本の手づくり飴を使ったアクセサリーが、今、京都で評判です。

nanaco plus+のバッグチャーム 

カラフルなバッグチャーム 7560円

 

 

「まるで本物の飴みたい…」と、そのアクセサリーを手にした人は、思うはず。実は、これ本物の飴なのです。このアクセサリーを考案し、制作するのは、「nanaco plus+」という京都に12年前にできた会社で、創業当時は、干菓子をモチーフにした“本物そっくり”の樹脂製のアクセサリーを販売。その可愛らしさとリアリティーから、たちまち評判に。その第2弾として、2005年に登場したのが、この「飴アクセサリー」。

特殊樹脂で、本物の飴をコーティングしたもので、金具があるので、簡単に取り付けられるようになっています。あまりじっくり見たことがなかった日本の飴が、こんなにカラフルで、かわいらしく、美しかったんだと、再認識させてくれます。

nanaco plus+のアクセサリー

あめチャーム1つ540円~

 

 

樹脂をコーティングしたことで、飴のツヤもさらにアップ。その透明感は、まるでベネチアングラスのよう。

 

江戸時代になり、高級品の砂糖が、庶民の手に届く時代の到来で、水飴に白砂糖を混ぜた固形の飴が登場。時を経るごとに、飴づくりの技術は向上し、さまざまな技巧を凝らした飴が生まれます。その飴職人のすぐれた技が受け継がれ、今日に至ります。

そもそも砂糖は、昔は、滋養強壮のお薬として使われていたそう。飴にも、喉を潤し、血糖値を上げるなどの働きがあります。「こういうかわいい飴は、子供たちを喜ばせるために生まれたのだそうです」と景山さん。確かに飴は、食べる人を幸せな心地にしてくれます。

甘いだけでなく、こんなにかわいい飴なら、なおさらです。

nanaco plus+の飴アクセサリー

 

飴アクセサリーの制作にあたり、景山さんは、全国の飴工房や職人さんを訪ねたそう。その時、手づくり飴をつくる職人さんの数が、後継者不足から、35年前の三分の一に減少している現状を知ることに。そこで「もっと多くの人に、日本の伝統文化である飴を知ってほしい」との思いを強く抱くようになったのだとか。

京都の四条河原町のそば、柳小路にあるお店には、若い人だけでなく、大人の女性も多数訪れ、「わ~懐かしい…」と言いながら、飴アクセサリーを手にする姿を目にします。

nanaco plus+看板

小原ナナコナナコ450

京都情緒あふれる柳小路にお店

 

バッグや財布につけた、まるで宝石のようなアクセサリーが、実は、本物の飴というのも、大人の遊び心をくすぐります。

 

幸せ気分へと誘ってくれる手づくり飴。アクセサリーになって、いつもそばにあったら、きっと心が和むはずです。

 

 

 

nanaco plus+

京都市中京区中之町577-22(新京極通四条上ル)

☎075-708-6005 営業時間:12:00~18:00 火曜休み

http://www.nanaco-plus.com

 

 

小原誉子

ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

<前の記事

<前の記事
第33回/和の天然素材、京都生まれのUVケア「桃肌まもり」…

次の記事>

次の記事>
第35回/品格漂う唐紙のレターペーパー「かみ添」…

この連載の最新記事

着物に関するお悩みを気軽に相談できる「きものステーション・京都」

第109回/着物に関するお悩みを気軽に相談できる「きものステーション・京都」

今や稀少な純国産の天然シルクフィブロインを使用したスキンケア「QINUDE(キヌード)」

第108回/今や稀少な純国産の天然シルクフィブロインを使用したスキンケア「QINUDE(キヌード)」

西陣御召でできた、モダンなセンスが光るカラフルな小物たち  「弓月 京都店」

第107回/西陣御召でできた、モダンなセンスが光るカラフルな小物たち 「弓月 京都店」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル