OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

50代を若々しく見せる!花王オーブ クチュールの技ありチーク登場

マドレーヌ

マドレーヌ

若い頃パリかぶれだったことから

このあだ名を拝命。

冷え性で365日、靴下着用。

大人向けメイクアイテムの進化に感動の日々。

忍び寄るたるみの恐怖。

若い頃はふっくらと張った、つやつやの頬でしたよね。

あの頃のバラ色の肌は美しかった。。。

 

と、綾小路きみまろのように嘆いてみましたが、そんな悩みを吹き飛ばす素晴らしいチークが登場したんですよ、奥さん!

IMG_0785

このブラシ、見覚えありませんか?

そう、あのアイシャドウ「オーブ クチュール ブライトアップアイズ」で誕生したブラシと同じ考えで作られています。

 

2色のブラシで「50代の目もとを明るく!」してくれたスゴ技ブラシ。

 

はっきりいって、「オーブ クチュール ブライトアップアイズ」を使い始めてから、私、アイメイクが怖くなくなりました。だって、絶対きれいに完成するようにできているんです。それも、ほんの数秒で!

 

いよいよその「神ブラシ」がチークにも登場。メイクテクに自信がなくて面倒くさがりの私、本気でうれしいです!

 

50代のメイクのポイントはチークといっても過言ではないそうです。

ビューティジャーナリストの倉田真由美さんも「チークが大事」とおっしゃっていました。

 

OurAge世代はほおのたるみやくすみ、こけてきたりの悩みが86%もあるそうです。しかも、加齢に伴って目の下の明るい位置も下がってくるらしいのです!(花王調べ)

キャプチャ

でも、逆にいうと頬のメイクがうまくいけば、その悩みは解消するってことです。

若見せの秘訣は、頬のハリ感が大切なんですね。

IMG_0756

 

さて、このオーブ クチュール ブラシチーク、何がスゴイかというと

ひと塗りでチークとハイライトが一度に塗れる

のです。

 

「ハイライトを入れたほうがいいのだろうけれど、むずかしそうだし、面倒!」と、私思っておりました。だいたい、ハイライトカラーも別に買わなくてはいけないし、と。たしかに、きれいだと思う人は、必ず目の下が明るく仕上がっていることにも気付いていて、気にはなっていたんですよ…。

 

そんなところに、この2色ブラシが登場。これがあれば簡単に、かつ的確な位置にチークとハイライトが塗れてしまうのですって。これって、本当にスゴイ発明!

IMG_0759

 

私もうまく塗れないので「遠慮気味~」につけていましたが、思い切ってつけてよし。カラーバリエーションもファンデーションのようにシンプル設計で肌が明るいか、暗いか、それだけでチョイスできます。「ピンク系、オレンジ系…コーラル系?」という色選びの悩みからも解放されますよ~。

IMG_0760

 

ではいよいよ、メイク体験してみます。

<前の記事

<前の記事
第36回/肌のハリが甦る!?「エピステーム ステムサイエンス」シリーズに、超期待!…

次の記事>

次の記事>
第38回/イプサ30年の歴史の結晶!新「MEシリーズ」で“もちもち透明肌”に!…

この連載の最新記事

目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

第270回/目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

第269回/昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

第268回/あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル