品格漂う唐紙のレターペーパー「かみ添」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

品格漂う唐紙のレターペーパー「かみ添」

 

 

メールが多用される現代。でも、手書きの便りほど、心に残るものはありません。しかも、それが美しい文字で、上質の紙に書かれたものなら、長らく手元に留めておきたくなります。

 

京都の北、紫野にある1軒の町家。表通りに面した窓辺に、さりげなく置かれているのは、和紙でできたカードです。違い棚や畳の上りなど、古き京都の町家の風情をそのまま活かした店には、静かなゆっくりとした時間が流れます。

shuku小原紙5P711205250

和の設えの店内

 

ここは、唐紙の型押し技法による手摺りの便箋、封筒やカードの店。まるで霜が降りたような繊細で、透明感あふれた品々…。そして、そこには何より、凛とした品格が漂っているのです。

shuku小原紙1P711204250

2つ折りカード 1000円

 

オーナーの嘉戸浩さんは、長年、唐紙の老舗で経験を積まれ、独立。奥様と共に、6年前にこの店を始めました。

そもそも唐紙というのは、約1000年前に、大陸から遣唐使によって伝わった紙。それで「唐紙」と呼ばれます。桂離宮などにも見られるように、襖や壁面などのインテリアに使われ、高貴な都人がこよなく愛したものなのです。

 

浮世絵などと同様、版木を使いますが、粉末の顔料を篩(フルイ)で版木の上にのせ、紙の上から掌で、そっと抑えるように、絵の具をうつすという特殊な技法で作られます。使う絵の具も、シックな色と雲母(キラ)の輝きなどをもち、光の具合で微妙に変化し、文様にいっそう高貴な趣を与えます。ここの品は、すべてその技法で、一枚一枚作られているのです。

 

唐紙と言えば、伝統の文様が思い浮かびますが、この店で目を引くのは、ベルギーアンティークレースや古いガラスなどをモチーフにした洗練されたデザインの品々です。

shuku小原紙2P711204350

レース文様の便箋3枚セット2000円

shuku小原紙3P711204450

レース模様の封筒3枚セット1500円

 

そのあまりの美しさに、文字を書くのを躊躇してしまうほど…。フレームに入れて、インテリアの飾りにする人もいるというのも頷けます。

shuku小原紙4P711204650

カード1000円

 

特別な思いを伝えたいとき、きっとこのカードや便箋は、受け取る人の心を揺さぶることでしょう。そして、受け取る人は、きっと送り手の美意識の高さに感激するはず。

 

でも、ずっと手元に置いておきたい…そんな思いを抱かせる品です。

 

 

かみ添

京都市北区紫野東藤ノ森町11の1

☎075-432-8555

営業時間:11:00~18:00 月曜休み(不定休有)

http://kamisoe.com/

 

 

 

小原誉子

ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第35回
品格漂う唐紙のレターペーパー「かみ添」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top