オランダに肥満が少ない理由 その2

プロフィール写真

トラベルライター。美容エディター。
大学時代にツアーコンダクターの資格を取り、その後、僻地探検、旅行コンサルタントなどを経て、現職に。これまで世界106ヶ国、1300都市以上をめぐる。エッセイや翻訳書の著書も多数。

東京—アムステルダム 6007マイル

オランダ地図

地図製作 Marina

 

 

 

○ヘルシーで栄養価満点のゴーダチーズの効能

 

 

オランダのチーズと言えば、まずゴーダチーズ。

 

ゴーダチーズと言って思い浮かぶのは、チーズが一般的でなかった時代から、ぴっちりプラスチックに包まれて売られていた黄色いチーズではありませんか?

 

私は、これまでスライスにしてサンドイッチにしたり、料理に入れたり、余ったかけらをなんとなくぱくぱく食べていました。

 

チーズという一般名詞の代表のようなチーズだと思っていたのです。

 

 

 

それは大きな間違いでした。

 

 

日本人がお米を大切に育てるように、オランダの人は、大事にチーズを育てます。そうして出来あがったチーズは、安全で安心で栄養価の高い、優れた食品となります。そして、味わいも素材や熟成期間によって驚くほど違ってきます。お米一粒一粒に神様がいるように、オランダのチーズのひとかけらごとに神がいることを確信しました。

 

 

今回は、みなさまにもゴーダチーズの素晴らしさをわかっていただこうと思っております。

 

 

では、出発です。

ゴーダは、アムステルダム中央駅から電車で55分ほど南に下った南ホランド州にあります。

まずは、650年前から続いているチーズマーケットへご案内しましょう。毎年、春先から夏にかけて毎週木曜日に開催されています。

 

井原さん ゴーダの町並みその1

 

井原さんゴーダの町並みその2

可愛いチーズがあちこちに飾られています。

 

 

 

 

井原さん オランダ巨大ゴーダチーズショップ

ゴーダ市内の有名なチーズ屋さん。こんな巨大なチーズが販売されています。

 

井原さん チーズマーケット1

 

井原さん チーズマーケット2

 

わ・わ・わ!!

チーズマーケットが開催される広場に到着した途端に上がった歓声です。

青空をバックに、赤い木枠が愛らしい中世のゴシック建築の市庁舎。その前に並べられた何百と言う巨大な黄色いチーズ。

ヨーロッパの小都市というのは、なんと可愛くできているのでしょうか。

 

 

ゴーダチーズと呼ばれていても、ゴーダ市ではチーズ作りは行われていません。周辺地域で作られたチーズが、計量所のあるゴーダに運ばれ、取引されるためゴーダチーズと呼ばれるようになったそうです。

 

井原さん 男性2人

 

井原さん 乳母車

近所の保育園から見学に!

 

 

 

 

あちこちで、不思議な儀式をしているおじさんたちは、昔ながらの方法でチーズの取引中。

手を打ち合いながら値段を交渉し、合意に達したところで握手をして商売成立です。

 

井原さん チーズマーケット

 

井原さん チーズマーケット商談成立

 

 

日本に輸出されるものは、熟成1ヶ月から4ヶ月ほどの若いチーズが多いそうです。1ヶ月熟成のものは、食感も柔らかく、食べやすいけれど、「これぞゴーダ」という醍醐味はありません。この若いチーズを食べている限り、ゴーダの良さはわかりづらいと思います。

 

4ヶ月くらい経ちますと、まだ柔らかくはありますが、独特の風味が出てきます。癖が少なく食べやすいため、だれにでも好まれるのがこのあたり。

 

一方本場、オランダの人たちは「長く熟成させたチーズ」好き。長期熟成チーズは、ほとんど国内で消費されるため、18ヶ月から26ヶ月の熟成ゴーダチーズを海外で見つけるのは難しいそうです。

 

 

屋台で売っている農家特製の26ヶ月熟成させたゴーダチーズを早速味見。 黄色というよりもオレンジ色の固い小さなカケラを一口ぱくっ。

 

舌に載せた途端に甘みが広がり、濃厚でクリーミー、ナッツのような味わいが続きます。舌に残るジャリジャリっとするアミノ酸の結晶をつぶすと、また新たな旨味がカルテットの演奏のように静かに口中に広がります。このナッツのような味わいのチーズ、本当に美味しいんですよ。このときから、チーズの好みを聞かれたときは、必ずひとつ「ナッツの風味が濃厚な熟成したゴーダチーズ。」と答えるようになりました。

 

井原さん 味見

 

 

次に18ヶ月熟成。

26ヶ月熟成の妹分といった味わい。甘やかな匂いと柔らかな甘み、濃厚でクリーミーなコクがじわー。

ただ味わうのではなく、真剣にチーズと対峙し、神経のすべてを集中して味に耳を傾けると、今まで気がつかなかった複雑な味わいに気がつくもの。ワインテイスティングと似ています。

 

OurAge世代の女性ガイドさんは

「オランダ人は、毎日長時間自転車に乗って、かなり身体を動かしますので、質の良いチーズを毎日食べて、カルシウムとタンパク質を補給するようにしています」と言っていました。

 

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第15回
オランダに肥満が少ない理由 その2

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top