オランダ発のスーパーフード「マイクロベジタブルズ」

プロフィール写真

トラベルライター。美容エディター。
大学時代にツアーコンダクターの資格を取り、その後、僻地探検、旅行コンサルタントなどを経て、現職に。これまで世界106ヶ国、1300都市以上をめぐる。エッセイや翻訳書の著書も多数。

東京—アムステルダム 6007マイル

井原さん オランダ地図

地図製作 Marina

 

 

そろそろ春ですねえ・・・。

春といえば、満開のチューリップを見にオランダへ!3月の終わり頃から春の花のシーズンが始まりますよ。

 

前回のオランダの旅を通じて、エッジの効いたダッチデザインに感動し、雨の日も風の日も一日中自転車で移動する生活習慣に感心し、ゴーダチーズ作りにかける手間と愛情に感銘を受け・・・、とびっくりマーク満載の旅でしたが、今回もさらにびっくりのオランダ発スーパーフードのお話です。

 

オランダという国は、面積が日本の約10分の1、九州ほどの土地面積しかありません。さらに、年間を通じて気温が低く、日照時間が短いなど、農業には条件の悪い環境であるにもかかわらず、アメリカに次いで農業輸出国世界第二位を誇っています。

どうして、そんなことが可能なのでしょうか?

 

その答のひとつが、世界一の技術を誇る施設園芸技術!

中でも、世界中の企業から注目されているウエストランド市のコッパートクレス社の超ハイテク農場を見学に行ってきました。

 

見よ!このSF的ハイテク農場を!!

マイクロベジタブルズの農場

オランダのデザインには、度肝を抜かれっぱなしですが、このSF映画のセットのような未来農場には、声を失うほどびっくりしました。

 

あまりにもハイテクなので、一見遺伝子操作を駆使して簡単なプロセスで大量の野菜を促成栽培するための工場のようですが、実はまったく違います。

このハイテク農場には、人の健康を真摯に祈る創設者の想いがつまっているのです・・・。

 

 

 

◎  コッパートクレス社の挑戦

 

<コッパートクレス社の広報のお話より>

 

「ヨーロッパでは、食生活と健康のつながりをあまり考える習慣がありませんでした。しかし、ここ10年の間に、健康への関心が高まり、食生活も大分改善されてきました。

食によってより健康的な身体を作る、という考え方を取り入れるようになったのです。

 

日本の食生活には健康に結びついたたくさんの知恵があります。

たとえば、生の魚(刺身)に殺菌作用のある紫蘇の葉を添える、といった考え方はオランダにはありませんでした。つけ合わせの野菜は、美しいプレゼンテーションのためではなく、食に必要な素材であることを私たちは日本から学びました。

 

レストランでの食事を考えても、これまでは外食といえば多くの場合「手軽に食欲を満たす」ということが主目的であり、身体に良いものを取り入れるために学食をするという考え方はありませんでした。しかし、元々Restaurant という単語は、Resotre(回復させる、元気を取り戻させる)という言葉から産まれたものです。私たちはマイクロベジタブルの普及を通じて、レストランでの食事に本来の意味を取り戻したいと思っています。マイクロベジタブルというのは、発芽したばかりの小さな状態の野菜という意味です。

 

ビタミンを豊富に含み、抗酸化作用や抗菌作用に優れた野菜をたくさん食べてもらいたい、それが私たちの目標のひとつです。

では、なぜマイクロベジタブルなのか、と言いますと、発芽したばかりのスプラウトならば、より手軽により多くの栄養を取り入れることができるからです。

たとえば、ブロッコリーに含まれるスルフォラフェンは、ファイトケミカル(植物に含まれる天然の化学成分の総称)の一種で解毒作用や抗酸化作用に優れ、様々な疾病予防効果を期待されています。ひとつのブロッコリーに含まれるスルフォラフェンの量は、スプラウトという小さな状態でも成熟したブロッコリーでも変わりません。つまり、スプラウトの状態で食べた方が、より多くの栄養素を取り入れることができるのです。

 

私たちが育てているマイクロベジタブルは、文字通り栽培が簡単であることもひとつの特長です。たとえば、新鮮な野菜の調達が難しいクルーズ船に、弊社の技術提携により船内に小さな農園を作って、日々の食事に提供するというプロジェクトもやっております。

 

私たちが出荷しているマイクロベジタブルの中には、驚くようなものもたくさんあります。たとえばベジタリアンレストランで良く使われる‘牡蠣の味’がするオイスターリーフや、ニンニクの味がするロックチャイブ、スペインのエルブリの有名なメニュー‘エレクトリックカクテル’に使われたびりっと電流が走るような味わいのチャイニーズペッパー、ホースラディッシュやカマンベールチーズの味がするスプラウトまであります。そうした野菜は、すべて私たちが世界の果てまで旅をしてひとつずつ固有の種を集めてきたものです。ここで栽培されている野菜は、一切遺伝子操作をしておりません。害虫駆除は、テントウムシによって行われ、農薬などの化学物質も使用しておりません。

農場のモットーは

 

Cleaner than Clean (清潔以上に清潔に!)

 

弊社のマイクロベジタブルは、洗わずにそのまま食べられるということも大きな特長です」

 

では、実際のマイクロベフタブルを見てみましょう。

シェア ツイート LINEで送る
第19回
オランダ発のスーパーフード「マイクロベジタブルズ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top