フランスの老舗メーカーの美しいリボン

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを
経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

フランスの老舗メーカーの美しいリボン

 

梅が咲き、春の訪れを感じる京都。心も弾む春に、おしゃれをして出かけたくなります。「平安神宮」と「知恩院」を結ぶ神宮道と三条通の交差点の東南に、「familleファミーユ」というお店を見つけました。

小原リボン1

ビルの1階にある店舗

 

ここは、1864年にフランスの南東部のサンテティエンヌ市に創業した「ジュリアンフォール社」のジャカード織りのリボンや、パリの北、コードレーにある「アルベール・ゲガン社」のレース刺繍のクチュールリボン、そして1960年代に織られたヴィンテージリボンなどを扱うお店。なんでも日本で種類豊富にフランスリボンが揃っているのは、ここだけだそう。 

小原リボン2

棚には、種類豊富なリボンが並ぶ

 

色とりどりのフランスリボンは、文様の美しさと愛らしさ…。そしてニュアンスを感じさせる色合いの巧みさが、女性たちを魅了し、京都だけでなく全国から、このお店をめざし訪れる人も多いのです。

 

フランスリボンは、もともとフランス貴族などの華やかな衣装を飾るために発展。金糸などを多用したゴージャスなジャカード織りや刺繍などで作られました。「ジュリアンフォール社」のリボンは、昔ながらの木製のジャカード織り自動織機から生み出され、ふっくらとしなやかで、しかもきっちりと織り上げられた珠玉のリボン。シャネルやゴルチエなどパリの一流メゾンのデザイナーも用いるという品です。

 

小原リボン3

緻密な織りと美しい模様の「ジュリアンフォール社」のリボン

 

また、「アルベール・ゲガン社」の繊細でエレガントなレース刺繍によるクチュールリボンは、その独特の色使いや緻密な柄などから、多くのヨーロッパの有名デザイナーを魅了し、コレクションなどに多数登場しています。

小原リボン4

春の装いにプラスしたいレース刺繍の「アルベール・ゲガン社」のリボン

 

そして、今や作れる職人さんがいないという貴重な膨れ織の1960年代のヴィンテージリボン。その巧みな技は、見ているだけで、思わず欲しくなってしまいます。

小原リボン5

今は貴重な膨れ織のヴィンテージリボン。裏側に綿などを入れて表面を膨らんでみせる技術がすごい

 

手芸が苦手という人でも、春夏の紫外線避けの既成の帽子のリボンを、好みのフランスリボンに替えるだけで、ワンランクアップしたおしゃれな帽子に…。自分のワードローブに合わせた色合いのリボンで飾られた帽子は、なんとも洒落たものになります。

 

ここでは、10センチ単位で好みのリボンが買えるのも魅力。

 

棚に並ぶ美しいリボンを見ているだけで、しあわせな気分に…時の過ぎるのも忘れてしまいます。

 

美しいリボンを使ったコサージュやポーチ、バッグなど、このお店のオリジナルの品々もいろいろ。しっかりとしたリボンで作られたポーチは、バッグの中の小物の整理にも重宝し、旅のお供の一品に…。

 

「familleファミーユ」

京都市東山区三条通神宮道東入ル夷町158 神宮道ビル1F

☎075‐761‐6273

営業時間11:00~18:00 月・火曜休み

地下鉄東西線「東山駅」徒歩5分

http://www.famille-ribon.com/

 

 

小原誉子

ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第48回
フランスの老舗メーカーの美しいリボン

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top