「隠れ炎症」を防いで年齢に負けない肌へ。皮膚科医発のバームクリームが新発売!


「かゆみなどの症状がある人は皮膚科に診てもらおうとしますが、鼻がちょっと赤くなっているだけなどの症状だと、自分の肌が炎症を起こしていると気づいていないことが多く、そのまま放っておく人がほとんどなんですね」とは、ドクターズコスメ開発のパイオニアとして25年のキャリアを持ち、「津田コスメ」ブランドを展開する皮膚科医の津田攝子さん。

津田1

一見、炎症が起きていると気づきにくいけれど、肌内部では軽度な炎症反応を起こしている。そんな肌を

「隠れ炎症肌」

と呼ぶことにしたそうですが、主な症状とは以下の通り。「お手入れしているのにキレイになれない」「季節や体調によって肌の調子が悪くなる」肌こそ、隠れ炎症が潜んでいる可能性があるのだそう。

津田2

 

「隠れ炎症肌」を引き起こすのは、私たちを取り巻く現代の生活環境、と津田先生。以下の項目に思い当たることがあるという人は、「隠れ炎症肌」の症状に思い当たることはありませんか?

 

外的刺激因子との接触 乾燥した空気・ホコリ・花粉・黄砂・大気汚染物質などが毛穴に入り込み酸化ストレスを引き起こす
メンタルストレス 肌免疫を低下させ、酸化皮脂の分泌量が増え、さらに過敏な状態に
自律神経・ホルモンバランスの乱れ 血流やターンオーバーを低下させ、健康な肌細胞が作れなくなる
女性ホルモン(エストロゲン)の低下 潤い成分の産生が低下、乾燥やかゆみにつながる
アンバランスな食事 栄養不足により肌細胞の質が低下
喫煙、及ぶ副流煙 酸素供給の低下、血行不良が肌細胞の再生やダメージ修復に悪影響
過度な飲酒 酵素やミネラル不足になり、肌細胞、肌免疫が低下
皮膚の摩擦刺激 表皮のダメージにより水分蒸散しやすくなり、バリア機能が低下
洗いすぎ 潤い成分が現象、表皮バリア機能が低下
胃腸障害(便秘や下痢、胃炎など)による栄養吸収不良 栄養不足により、肌細胞一つ一つの質が低下

 

そんな現代女性の肌のためにつくられたのが、この春新発売となる「スキン バリア バーム」です!

津田3

水を一滴も使わず、高純度、高精製、高品質の成分だけを厳選してバームに。

白い色は、ミネラルがたっぷり入っている証拠だそうです。

 

界面活性剤も使用していないため固いテクスチャーで、のびや軽さの面で言うと、何だか今ひとつのような。

でも、じつはそれも狙いのうち! 毛穴をしっかり埋めて、生活紫外線やPM2.5が入り込むのも防いでくれるわけなのです。

 

津田4

「隠れ炎症」のないタフな肌に導く6つのサプリメント成分(亜鉛、脂溶性ビタミンB6誘導体、マグネシウム、ビタミンC誘導体、ビタミンE、セラミド2)を配合し、着色料、香料、防腐剤、抗菌剤、アルコール、界面活性剤、紫外線散乱剤・吸収剤はすべて不使用。毎日のお手入れにはもちろん、スペシャルケアとしてパック代わりに、また、乾燥が気になるときはファンデの上からつけるのもOK。

 

「スキン バリア バーム」18g 5832円(税込)

 

4月1日(金)発売ですが、公式オンラインショップでは3月20日(日)から先行販売中です。早速チェックしてみてくださいね!

 

 

津田コスメ 公式サイト
http://www.tsuda-cosme.com

 

 

シェア ツイート LINEで送る
第54回
「隠れ炎症」を防いで年齢に負けない肌へ。皮膚科医発のバームクリームが新発売!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top