タイのクラビ「プーレイベイ・ア・リッツカールトン」 で薬膳スープを習いました!

プロフィール写真

旅するコピーライター・エディター。

世界107ヶ国1300都市以上を旅してきた。 以前は海とヨットが大好きだったが 今は空を飛ぶことがなによりも好き。 趣味は仕事。

東京—クラビ(タイ)3272マイル

 

タイのリゾートと言えば、プーケットやサムイが有名ですが、今回は、まだあまり知られていないとっておきのリゾート、クラビへご案内致しましょう。

 

宿泊先は、プーレイベイ・ア・リッツカールトン。リッツグループの新ブランド「ザ・リザーブ」の第一号として2010年にオープン。タイ南部の歴史と文化を反映させた建築様式がユニークな隠れ家的リゾートです。

 

井原さん ヴィラからの眺め

リゾート気分が盛り上がるヴィラからの眺め

 

 

タイ語でプーは山、レイは海。プーレイとは、山と海が出会う場所という意味だそうです。

 

 

タイとモロッコの様式が混ざったプーレイベイリゾート

 

一流のリゾートに何より大切なのは、客を断固として非日常の世界に連れて去ってくれる演出です。その点、このリゾートは優秀です。

足を踏み入れた途端に、異世界に紛れ込んだような気持ちにさせるエントランス。紫の巨大な壁が迷路を作り、合間に配置された光が揺れる水面と夜はキャンドルの炎、それに鬱蒼と茂る木々が幻想的な空間を作り上げています。

井原さん プーレイベイリゾート1

この不思議で魅力的な建築様式は、モロッコとタイの伝統的スタイルを取り入れたものだそうです。

広大な敷地には、プライベートプール付きのヴィラが54棟。ヴィラそのものも広々としている上に、家具もすべて巨大。5人くらい一緒に寝る事ができそうな4メートルもあるベッドを含め、すべてがオーバーサイズ。まるで小さく縮んだ不思議の国のアリスになったような気持ちがします。すべては

 

「贅沢な作りの部屋で王様のような気分を味わっていただくため」

 

だそうですよ。

 

ほら、こんな感じ。

井原さん プーレイベイリゾート2

どちらが縦なのか横なのかわからないほど大きなベッド

 

 

DSC01988 (640x426)

二つついている洗面台と広々とした中庭。お庭には外風呂があります

 

 

井原さん パテオ階段

各ヴィラについている屋上パテオにつながる階段。パテオも広くてパーティができそうです

 

 

 

井原さん 休憩室

ベッドルーム隣の休憩室

 

 

井原さん 内風呂

お部屋についている内風呂

 

 

井原さん プライベードプール

各ヴィラにあるプライベードプール。ちゃんと泳げる大きさです

 

 

 

次のページでは、いよいよ料理教室についてご紹介!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第20回
タイのクラビ「プーレイベイ・ア・リッツカールトン」 で薬膳スープを習いました!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top