美食王国ベルギーでビールをめぐる旅 第1回  ゲント

プロフィール写真

旅するコピーライター・エディター。

世界107ヶ国1300都市以上を旅してきた。 以前は海とヨットが大好きだったが 今は空を飛ぶことがなによりも好き。 趣味は仕事。

東京ーブリュッセル 9090マイル

井原さん ベルギー

ビール、と言えば、夏・枝豆・ジョッキで一気! といった男らしいシンプルなイメージが浮かびますが、今年は女らしくベルギービールを楽しみませんか?

 

ベルギービールはOurAge世代の女性そのもの。丁寧に長期間育まれ、エレガントで繊細、しかも銘柄によってグラスまで変わる、とてもおしゃれな飲み物。さらに、ビールには美肌に欠かせないビタミンB群、特にビタミンB2やナイアシンが多く含まれる上に、アンチエイジングに欠かせないポリフェノールも含有されていることがわかってきました。冷たいビールをがぶ飲みするのは冷えをもたらしますが、ベルギービールはワインのようにゆったりと楽しめるヘルシーで奥の深い飲み物です。

 

*ポリフェノールは、植物の渋みや苦み、色素に含まれる成分で、強い抗酸化・抗菌作用効果で知られています。赤ワインに含まれているということで、赤ワインブームを引き起こしましたが、実は赤ワインについでビールにも含まれていることがわかってきました。

井原さん ベルギー地図

イラスト:KOTO 

 

東京にいると、世界中のどんな飲み物も飲めるような気がしていましたが、それは大きな間違いでした。輸入され、一般に流通しているベルギービールはほんの一部。本国ベルギーには、季節限定醸造ビールを含めると約4000種類ものビールがあったのです。20年くらい滞在しないと全部を味わうことができない!

 

全部は無理ですが、これから、ベルギー各都市の選りすぐり名物ビールを味わえる場所へご案内します。

 

 

ベルギーの良いところは、こじんまりしていているところ。面積は日本の約12分の1。関東地方くらいの大きさに、人口約1100万人、そこにぎっしりとミシュランの星付きレストランが密集しているという恐るべき美食大国です。ですから、ちょっと列車に乗って、美しい街や村をめぐっては、美味しいものを食べる旅にはぴったり。

 

この夏は、荷物を軽めにパッキングして、ベルギービールと美食の旅へと出かけませんか?

 

 

第一回目は、中世の面影が色濃く残る美しい古都、ゲントへ。

 

 

ゲントは、ブリュッセル、アントワープに次ぐベルギー第3の都市であり、「花の都」という美しい別名をもちます。ブリュッセルからインターシティという列車でたったの35分。

 

街の見所は、レイエ川の両岸に並ぶ中世の力と富を誇った商人たちの壮麗なギルドハウス、この土地を8世紀の長きにわたって治めたフランドル伯爵の城(ここから街が一望できます)、聖バーフ大聖堂に治められているファン・アイクの傑作「神秘の子羊」、そしてヨーロッパ屈指の夜景などいろいろありますが・・・・名所の詳細は、他のガイドブックに任せて、早速ビールの旅へ行きましょう。

 

 

 

ベルギーには飲んでもある症状にならないビールがあるのだとか!?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第23回
美食王国ベルギーでビールをめぐる旅 第1回  ゲント

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top