全身と顔の筋膜リリースで、たるまない土台作り③顔その1


筋膜がよじれると顔の筋肉が正しく動かず、たるみが発生してしまいます。たるみの改善にはまずねじれた筋肉を解消することが大切。全身に続き、今回は顔の筋膜リリースをご紹介します。

 

筋 膜

 

筋膜がよじれると顔の筋肉が正しく動かず、たるみが発生

 

「筋膜は、全身の筋肉をボディスーツのように覆っていて、筋肉の中にもり込んでいます。筋膜は全身がひと続きなので、一部の動きが悪くなるとよじれた状態に。顔のたるみが生じるのもこれが関係しています。スマホなどを見て、猫背で首を前に出した姿勢が続くと、頭の後ろや首の前側などの筋膜が硬くなり、全身の筋膜がよじれます。すると顔の筋肉の動きが悪くなり、重力に負けてしまい、たるんでしまうのです」

 

顔たるみ 竹井仁先生

竹井 仁さん

Hitoshi Takei

1966年生まれ。理学療法士。医学博士。首都大学東京大学院および同大学健康福祉学部理学療法学科教授。医学に基づく筋膜リリースの第一人者

 

 

 

顔の筋膜リリースたるみリセット

 

全身の筋膜のよじれを取ったところで、次に顔の筋膜をリリース。顔全体の筋肉がバランスよく動かせるようになって顔全体に血液が行き渡り、たるみやシワ、くすみも改善。

 

 

表情筋リリース

表情筋全体の筋膜リリース。顔もリフトアップ

 

顔たるみ 表情筋1

 

1 肘を曲げて腕をひし形に

両腕を肩の高さに上げて、肘を内側に曲げ、左右の手の中指を合わせて、腕でひし形を作ります

 

2 肘の位置を変えず腕を立てる

肘の位置は動かさずに手のひらが前を向くように、肩甲骨を起き上がらせながら腕を立てます。肘が背中より後ろにいかないよう注意。そのまま10秒キープ

 

3 舌を斜め上に突き出す

次に、あごは引いたまま、舌を斜め上に突き出して10秒キープ。舌と一緒にあごが上がらないように気をつけて行いましょう

 

顔たるみ 表情筋2

 

4 口角を引き上げスマイル

舌を引っ込めて、その体勢のまま、口角を耳元まで引き上げるイメージで、最大級のスマイルを作って、10秒キープします

 

5 目を大きく見開く

次に、口元はスマイルを保ったまま、目をパッチリと最大限に見開いて10秒キープ。腕が下がらないよう、そのままの体勢で行いましょう

 

6 顔全体をパーッと広げる

最後に、目も口も、顔のすべてのパーツをパーッと大きく広げて10秒キープ。これを朝、昼、夜の1日に3回行うと効果的

 

 

 

顔たるみ 顔筋膜 女性イメージ
ブラウス¥15,000/ル・ピボット

 

 

 

 

次回は顔パーツ別に筋肉グセを治す方法をご紹介します。お楽しみに。

 

 

 

 

Tシャツ¥4,900・パンツ¥16,000/ル・ピボット

 

撮影/城 健太(vale.)
ヘア&メイク/田村俊人(DIMPLY)
モデル/TOSHIKO
取材・原文/和田美穂

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第4回
全身と顔の筋膜リリースで、たるまない土台作り③顔その1


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top