「顔グセ直し」で筋肉を元の位置に引き上げ!②あご


顔のたるみを加速させる大きな要因が顔の筋肉の使い方のクセ。筋肉が偏りを正して元の位置に引き上げましょう! 今回はあごです。

 

 

 

 

 

顔グセ

 

顔たるみ あご

 

顔グセCHECK

顔たるみ あご

口の中で舌を上げてみましょう。舌全体が口の天井まで上がり、少し口を開けたとき舌の裏が奥まで見えればOK。舌先しか上がらない人は、舌の筋力が低下しているということ

 

 

これが原因!

パソコンやスマホを見るときなどにあごを前に突き出すクセがあると、首の後ろの筋肉が縮み、逆にあごの筋肉は伸びてダブつき、たるんでしまいます。舌の筋力が落ちて舌の位置が下がることも、あごがたるみやすくなる原因。

 

 

 

首フリフリマッサージ 30秒 ずつ

顔たるみ 首フリフリ

1 首と頭の境目に指を押し当てる

首と頭の境目に、両手の親指以外の4本の指をそろえて当て、あごを引きます。指圧をするように、骨に指を押し当てます

 

2 押し当てた指の力で頭を左右に動かす

あごを引いたまま、押し当てた指の力で、頭を左右に動かします。これを30秒ほど続けましょう。コリがある部分をまんべんなく行って

 

3 押し当てた指の力で頭を前後に動かす

あごを引いたまま、今度は押し当てた指の力で首を前後に揺らします。頭の重みでうなずくイメージで30秒ほど続けます。コリがある部分をまんべんなく行いましょう

 

次ページにさらなるトレーニングも!

シェア ツイート LINEで送る
第7回
「顔グセ直し」で筋肉を元の位置に引き上げ!②あご

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top