美食王国ベルギーでビールを巡る旅 第3回 ルーヴェン「醸造所から1.5km以内でしか飲めないビール」

プロフィール写真

旅するコピーライター・エディター。

世界107ヶ国1300都市以上を旅してきた。 以前は海とヨットが大好きだったが 今は空を飛ぶことがなによりも好き。 趣味は仕事。

東京—ブリュッセル 9090マイル

oostduinkerke2 馬なし

イラスト:KOTO  

 

 

ビールの首都ルーヴェン

 

ベルギービール巡り中、多くのビールラバーに出会いましたが、今回は、出会った中でもっともビールを愛する男性に出会った街、ルーヴェンのお話です。

ルーヴェンのあるブラバンド州で作られる地ビールはなんと400種類以上。ベルギービールは季節限定ものも合わせて全土で4000種類もあるそうですが、そのうちの約10分の1がこの地で作られていることになります。

8世紀からの歴史を誇るこの街は、大学の街としても知られています。10万人の住人のうち35000人が大学生。ひとつの郵便受けに名前がたくさん並んでいる建物は、学生が暮らす寮だそうです。

 

「そんなに大勢の大学生がビールの首都に住んで大丈夫なんですか?」

とガイドさんに聞いたところ

「ベルギー人は、若い頃からビールの飲み方を躾けられているので、飲みすぎて乱れたりすることはほとんどありません」

だそうです。

ちなみに、ルーヴェン市の公務員は、ランチに一杯ビールを飲めるクーポンをもらえるそうですよ。

 

では、数多くあるビアカフェから、まずはここへ。

 

 

2000種類のビールを揃えた「The Capital (ザ・キャピタル)」

 

見よ、この分厚いメニューを!

井原さん ビールリスト

「ザ・キャピタル」の有名なビールリスト。

 

 

まさにトップメゾンのワインリストにも負けない充実のメニューです。

2000種類のビールはたった1種類を覗いてすべてベルギー産のもの。唯一の例外はオランダのトラピストビール。

ここでまず、地元のボランティアガイドさんより、ビールの味わい方を学びます。

井原さん ガイドさん

 この真剣な面持ちに、習う側にも緊張が走ります。

 

 

「ビールを味わうには、まず香り。香りを吸い込んでから、まず舌の上で感じる。それから喉で味わいます。最後に口の中でくちゅくちゅと泡を立てて、フレーバーを思いっきり吸い込んでください。はい、では飲んでみて」

 

ここで飲んだビールは「ルバニウム(ルーヴェンのラテン名)」

17~18世紀に「King of Beverage (飲み物の王様)」と呼ばれ、世界中で飲まれていたビールを再現したもの。アルコール分7.5%のブロンドビールは、口の中でくちゅくちゅすると(ビールでくちゅくちゅしたのは初めてでしたが)、 セラントロー(香菜)とレモンの香りがかすかに感じられます。

 

カウンターにずらりと並んだ生ビールサーバーも圧巻です。ここでは、20種類の生ビールを味わえます。

井原さん ビールサーバー

ぴかぴかに磨かれた生ビールサーバー。

 

 

横にはこんな看板が・・・。

井原さん 看板

「あなたを振った昔のガールフレンドのハートと同じくらい冷たいビールをご提供します。」

 

居心地の良い店内でビールを端から試し出したら、1日がここで終わるので要注意です。

井原さん 店内

図書館にいるようなインテリアが居心地の良い店内。

 

 

 

The capital

Grote Markt 14 3000 Leuven

Tel:+32 (0)486 21 90 18

http://www.thecapital.be/

 

 

 

ベルギーには、なんと醸造所から1.5km以内でしか売っていないビールがあるそう。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第25回
美食王国ベルギーでビールを巡る旅 第3回 ルーヴェン「醸造所から1.5km以内でしか飲めないビール」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top