OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

2017年、化粧品でシワが改善できる時代に!? 1月1日(日)、ポーラから日本唯一のシワを改善する薬用化粧品が登場!

ふみっちー

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

おでこに眉間、目尻、首…。気になるシワが

改善できるなんて(うれし涙!!!)

発売が待ち遠しい〜〜♫

大ニュースです!

 

既にTVCMなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが、2017年1月1日(日)、日本で唯一の“抗シワ”分野での医薬部外品が新発売となります。

リンクルショット1

もっと寄ってみましょう。

リンクルショット2

ポーラが研究・開発に7年、申請に8年もの年月をかけたという

「リンクルショット メディカル セラム」20g(医薬部外品)15,000円(税別)

リンクルショット3

ここで、ちょっとおさらい。

 

 

医薬部外品(薬用化粧品)とは、厚生労働省に認められた有効成分を配合し、特定の効能が表現できるもの。今まで、美白や肌荒れ、ニキビに関する医薬部外品は市販されていましたが、“抗シワ”では、「リンクルショット メディカル セラム」が日本初承認! 業界でも大きな話題となっているんです。

 

 

うれしいですよね! ふみっちーも、どうにかしたいシワが、どうにかなるどころか、どんどん増え続け、どんどん目立ってきているような。早速、その認められた有効成分について、ご紹介していきますよ!

リンクルショット4

説明してくださったのは、ポーラ研究所 肌科学研究部 主任研究員の竹内啓貴さん。

リンクルショット5

シワは、紫外線や乾燥、表情による折れ曲がりなどによって肌に微弱な炎症が起きることで作られてしまう、と竹内さん。その微弱な炎症が何故シワになってしまうのか? そんな視点から研究を重ねた結果、「好中球エラスターゼ」との関係性を突き止めたのだそうです。

 

 

「好中球は免疫を担う白血球の一種で、侵入してきたウィルスやキズなど、ダメージを受けた部分に集まります。そのウィルス退治やダメージを受けた組織を分解するために分泌されているのが、『好中球エラスターゼ』です」

リンクルショット6

シワのある部位にはそんな「好中球エラスターゼ」が存在し、真皮部分を分解していることを発見!

 

 

次のページに続きます!

<前の記事

<前の記事
第100回/「ローズ ド マラケシュ」の自信作!ローズが香る、搾油法からこだわった濃密アルガンオイル…

次の記事>

次の記事>
第102回/上質な真珠の美力を目もとにも。ミキモトコスメティックスからアイクリームが誕生!…

この連載の最新記事

目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

第270回/目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

第269回/昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

第268回/あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル