OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/otona_beauty/face-sagging/197862/

加齢で大顔化、四角顔化するのはなぜ?

慶田朋子さん

慶田朋子さん

銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。皮膚疾患から美容皮膚科まで幅広く診療。著書『実は老化を加速! 女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)が話題

加齢とともに"四角顔化"するというコワイ事実が!
予防と対策のために知っておきたいたるみ新事実を、皮膚科医の慶田朋子先生に解説していただきました。

 

 

Q3.加齢で大顔化、四角顔化するのはなぜ?

A.筋肉の肥大、脂肪の減少、

コラーゲンの弛緩、骨やせが4大原因です。

 

「加齢とともに、顔はたるむだけでなく、大きくなっていきます。まず 20 代頃から肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが減少し、たるみやすくなります。そして 30 歳前後から起こるのが筋肉肥大。くいしばり癖などによって嚙むときに使う咬筋(こうきん)や側頭筋が肥大したり、あごに力を入れる癖などで下あごのオトガイ筋が発達しやすく、顔が大きくなっていきます。

 

さらに 20 代後半になると脂肪が萎縮してきて量が減るうえ、それを支える靭 帯 (じんたい) やコラーゲンは伸びてくるため、ハリがなく緩んだ皮膚が下がってきます。特に脂肪が萎縮しやすいのが、頰やこめかみ、額、口まわりです。加えて 30 代半ば頃からQ1Q2でお話しした骨やせも起きます。こうして土台である骨がやせて脂肪は減るので、皮膚がなだれを起こし、顔が大きく、四角くなるのです」

 

 

青い部分=脂肪が特に減るところ(左右とも同様)

ピンクの部分=筋肉が肥大するところ

緑の部分=皮膚が伸びるところ(左右とも同様)

 

 

加齢に伴い、皮膚の伸びや筋肉肥大、脂肪の減少、骨やせが起こりやすいのは上のパーツ。

これが大顔化、四角顔化の原因に!

 

 

次回は、Q4.たるみ老け顔の対策は? についてご紹介します。

 

 

イラスト/平松昭子 取材・原文/和田美穂

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第17回/顔面の「骨やせ」対策、すべきことは?…

次の記事>

次の記事>
第19回/たるみ老け顔、予防する方法は?…

この連載の最新記事

乳突筋ほぐしでたるみを予防/「すっきり顔」に効く道具(後編)

第28回/乳突筋ほぐしでたるみを予防/「すっきり顔」に効く道具(後編)

三雲孝江アナ開発のフェイスアップクリップほか「すっきり顔」に効果的な道具(前編)

第27回/三雲孝江アナ開発のフェイスアップクリップほか「すっきり顔」に効果的な道具(前編)

ビューティ界のプロが愛用のリフトアップ美容液(後編・MTメタトロン、コスメデコルテ)CHIHARUさん・小田ユイコさん

第26回/ビューティ界のプロが愛用のリフトアップ美容液(後編・MTメタトロン、コスメデコルテ)CHIHARUさん・小田ユイコさん

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル