OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/face-sagging/231504/

ファンケル発! 抗酸化物質「チオレドキシン」が肌の劣化に歯止めをかける!?/化粧品各社の最新研究の切り札は?

コスメ業界でも類を見ない、抗酸化物質に着目したファンケルの最新知見を得て、賢くセルフケアをしましょう!

 

お話をお伺いしたのは

 

石渡潮路さん ファンケル総合研究所ビューティサイエンス研究センター研究員。

石渡潮路さん

ファンケル総合研究所ビューティサイエンス研究センター研究員。肌細胞研究が専門

 

真皮にアプローチ

 

老化の元凶・ストレスについて研究し続けてきたファンケル

 

40年の無添加化粧品作りの中で、老化の元凶・ストレスについて研究し続けてきたファンケルが着目したのは、体内にもともとある抗酸化物質チオレドキシンです。

 

「チオレドキシンが優れているのは、酸化から肌を守ってくれるだけでなく、肌細胞の産生力までアップしてくれる点。真皮ではコラーゲンやエラスチンを、表皮では基底膜や角層をスムーズに生み出せるよう『アクセル』の役割を果たしてくれるのです。

 

大変だったのは、チオレドキシンを作り出す原料を探すこと。お酒をつくる酵母にストレスを与える独自製法に着目しました。アルコールを除去したりにおいを残さないことに苦労しました」

 

業界でも類を見ない、チオレドキシンの力に着目した化粧品が誕生。その高いエイジングケア効果に美容のプロたちも感動! 大きな評判を呼んでいます。

 

 

リフトアップした肌は…
イキのいいエラスチンを生み出し、真皮の弾力をアップ

 

イキのいいエラスチンのイメージイラスト

線維芽細胞のコラーゲンやエラスチン産生力がアップ。チオレドキシンが質のよいエラスチンを生み出し、真皮線維の形を変えることをファンケルが発見しました。

 

チオレドキシンの働き

 

チオレドキシンの働く前の画像資料

チオレドキシンが働き、エラスチンの密度がアップした画像資料

エラスチンの密度がアップし、垂直方向にぐんぐん勢いよくのびています。(資料提供/ファンケル)

 

 

イラスト/いいあい 取材・原文/小田ユイコ

 

 

<前の記事

<前の記事
第2回/ポーラ発! 「がらくた遺伝子にお宝」発見.美のスイッチが一斉オンになる!?/化粧品各社の最新研究の切り札は?…

次の記事>

次の記事>
第4回/ドクターシーラボ発! 酸化・糖化に次ぐ第3の老化原因「カルバミル化」をくい止める!/化粧品各社の最新研究の切り札は?…

この連載の最新記事

メナード発! 「真皮乳頭層」へのアプローチでリフトアップ!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

第8回/メナード発! 「真皮乳頭層」へのアプローチでリフトアップ!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

ミノン アミノモイスト発! 「肌のしぼみ・へこみ」と悪玉脂肪の関係に着目!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

第7回/ミノン アミノモイスト発! 「肌のしぼみ・へこみ」と悪玉脂肪の関係に着目!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

コスメデコルテ発! 「エラスチンの“樹状”」に着目してハリアップ!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

第6回/コスメデコルテ発! 「エラスチンの“樹状”」に着目してハリアップ!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル