OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/grey-hair/194192/

サロンとサロンの間に「自分で白髪染め」、成功のカギは?

広告/花王

 

染めても染めても伸びてくる白髪。根元に「ギラリ」と光る白髪を見つけたら、すぐになんとかしたいですよね。でも、サロン染めは「そんなに頻繁に行けないし、自分の都合がいい日に予約が取りにくい」という悩みがあります。普段、サロンで染めている皆さんはそんなとき、一体どうしているのでしょうか。

 

清水智子さん(50代・東京都在住)
「サロンと自宅染めのいいサイクルができました」

以前は3週間に1度、サロンで白髪染めをしていた清水さん。時間もコストもかかって大変だったといいます。

 

「フェイスラインはもう100%白髪で、分け目の白髪も随分目立つようになってきました。年齢を重ねて薄毛も気になり始めたのですが、薄毛で白髪だと本当に老け見えしてしまうので、とにかく白髪はできるだけ見せたくない。だけどサロンにはなかなかぴったりのタイミングで行けないんですよね。なので“つなぎ染め”としてリライズを使っています。

白髪が伸びた部分だけを1週間に1回くらいリタッチしています。普段はサロンでダークブラウンに染めていますが、リライズだと黒でも『いかにも染めました』という感じではなく、ナチュラルに染まるのが気に入っています。もちろん、簡単なのもうれしい。指でクリームを気になるところに乗せて5分置いて、あとは流すだけですからね。おかげで何十年も憂鬱だった白髪ストレスから解放されました。

 

今は、サロンは4週間かそれ以上、間隔をあけて行っています。この先もずっと染めていくことになりますから、できるだけ髪が傷まないようにするために、サロンの回数はできるだけ減らしたい。リライズは100%天然由来の着色成分ということなので、その点も気に入っています」

自宅で染める前の清水さん。生え際の白髪が目立ちます。

「いつもは気になるフェイスラインですが、今日は自信をもってお見せできます」

 

 

薄木宏子さん(50代・神奈川県在住)
「簡単“つなぎ染め”に出会い、ヘナを卒業!」

 

薄木さんは4週~6週に1度のペースでサロンで白髪染めをしていて、合間には自分でヘナを使って染めていたそうです。若白髪だったお母様の白髪染めの手伝いをして、腕が上達したのだとか。でも、ヘナ特有の「白髪部分がオレンジ色に染まる」という悩みがあったのだそう。

 

「ヘナからリライズに変えたのですが、髪色がとてもナチュラルになって、おまけに簡単に使えるので『今までの苦労は何だったの??』と思いましたね(笑)。

髪の根元までクリームをベタッとつけても地肌に色がつかないので、しっかり染められます。傷んでいた髪も落ち着いて、するんとまとまりやすくなった気がします。リライズと出会ってよかったです!」

1時間おかなければいけないヘナと違って、リライズは5分! 今から染めます

 

「分け目の白髪がすぐに伸びてしまうのですが、リライズで自宅ケアがラクになりました」

 

サロン派のお二人、リライズのおかげで、次のサロン予約までの間がストレスなく過ごせるようになったのですね。簡単つなぎ染め、おすすめですよ。

リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラック<染毛料>155g/つけかえ用190g/花王
リライズの着色成分は100%天然由来「黒髪メラニンのもと(*)」。白髪が徐々に目立たなくなっていきます。くり返し使っても髪に負担なくお使いいただけます。初めて髪全体ご使用いただくときは、まずは3日間、白髪が色づくまで続けてください。そのあとは週に1回のケアでOKです。サロンまでの“つなぎ染め”や自宅染めのリタッチとしても。

 

*着色成分(ジヒドロキシインドール)

 

次回のサロン予約までしのげる! 白髪の「つなぎ染め」って?

 

リライズがよくわかるQ&A
今までの白髪染めと何が違うの? 「リライズ」の疑問にお答えします!<前編>

誰でも簡単に染まるって本当?「リライズ」の疑問にお答えします!<後編>

 

リライズ開発ストーリーはこちら

 

ご購入はこちらから

 

撮影/山田英博 ヘアメイク/木村三喜 構成/島田ゆかり

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル