HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/otona_beauty/more/271395/

会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

笑顔をつくること、楽しく会話をすること、バランスの良い食事をとることが首の老化防止につながる!? そのワケとは?

 

笑顔
血行・リンパの促進、ホルモン分泌に大事

マスク生活やステイホームで人との会話が減っています。口を動かす頻度が減ることは、首の老化にもつながります。

 

「口や舌を大きく動かすと、首の筋肉を使うので、血流やリンパの流れがよくなります。会話が減ると、これらが滞ることになるので、顔のむくみや首のたるみにつながります。

 

また、笑顔をつくることで、脳から幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されます。コロナ禍だからこそ笑顔を忘れずに! これ、とても大切です」(髙瀬聡子先生)

 

 

栄養
肌の老化対策には発酵食品

老化を少しでもくい止めるためには、毎日の食事が大切です。

 

「積極的にとりたいのは、皮膚のターンオーバーを助ける納豆、漬け物、味噌などの発酵食品。

 

そして、ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物、きのこ類、素材の色素などに含まれるフィトケミカルなど、抗酸化・抗糖化作用のある食材。

 

皮膚や骨、体をつくるためには、肉、魚、豆類などの良質なタンパク質も必須です。これらを“バランスよくとる”ことを心がけましょう」(髙瀬聡子先生)

毎日の食事に入っていることを意識したい食材

イラストの食材が毎日の食事に入っていることを意識して、メニューを決めるといいでしょう。加工食品は極力避けて、素材の味を大切にシンプルな味つけを心がけて

 

 

お話を伺ったのは

髙瀬聡子さん 皮膚科医

髙瀬聡子さん
Akiko Takase

1969年生まれ。ウォブクリニック中目黒総院長。皮膚科医。東京慈恵会医科大学附属病院勤務を経て、2003年にスキンケア化粧品「アンプルール」の研究開発に携わる。’07年より現職。丁寧でわかりやすいカウンセリングで、特に美容医療と薄毛治療に定評がある。雑誌やWEBサイト、テレビでも活躍

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第10回/首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選…

この連載の最新記事

会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

第11回/会話や笑顔が首の老化防止につながるワケ

首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

第10回/首や肩のこり、疲れをためないための血行促進ストレッチ3選

「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

第9回/「首、手首、足首」を冷やさないほうがいい理由とは

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル