OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/skincare/252214/

大人肌のくすみが深刻化する理由は?/友利新先生が解説「透明感とくすみ」②

若い頃よりもくすみが深刻化するのはなぜ? どのように対策すればいいの? 年々、肌の透明感が失われていくOurAge世代の悩みについて、皮膚科医の友利新先生に教えていただきました。

 

お話を伺ったのは

友利 新先生 内科・皮膚科医

友利 新先生(ともり・あらた)

内科・皮膚科医。東京女子医科大学卒業。2004年準ミス日本。 三児の母。現在都内2ヵ所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV・SNSで展開中。YouTubeチャンネル『友利新/医師「内科・皮膚科」』は登録者数45万人以上。近著に『読む友利新チャンネル 女医が教えるキレイのとっておき』 (2021年/飛鳥新社)など

 

若い頃よりもくすみが深刻化していく理由は?

肌色が暗くなって透明感が失われ、色ムラも濃く見えてしまう、大人のくすみ肌。それには、年齢とともに生じがちな複数の要因がかかわっていると友利 新先生は言います。

色々なくすみが重なり透明感が失われているイラスト

「体内のタンパク質が糖と結びつく糖化や、タンパク質が脂質と結びつくカルボニル化が起こると、肌が黄色くくすんで見えます。

 

また、最近のポーラの研究で、血管に褐色の老化色素が蓄積することで、肌が茶色く濁ってしまうことが判明。これらが複合的に重なって、若いときとは違う頑固なくすみ肌になってしまうのです」

くすんだ肌と透明感のある肌の比較画像

資料提供/ポーラ

 

上の画像左側は、いろいろな濁りが混在し肌がくすんでしまっている。一方で右側は濁り色素が無く透明感のある肌になっている。

 

大人に必要な透明感アプローチって?

40代、50代のくすみ対策は、一方向だけでなく、多角的にケアすることが大切、と友利 新先生。

くすみ対策を多方向からアプローチしていくイラスト

「若い頃は美白だけ、角質ケアだけでも十分でしたが、この世代は糖化や血管にたまった老化色素、角層の重層化の対策も必須。加えて、最近ではマスク下の皮脂の酸化、マスクこすれによるメラニン刺激など、いろいろな原因が混在しています。

 

毎日の日焼け止めや美白ケア、保湿ケアはもちろん、角質除去や糖化ケア、またインナーケアなど、多方向からアプローチしていくのが効果的です」

 

 

イラスト/itabamoe 構成・原文/中島 彩

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第1回/40代、50代の肌の透明感とは? 戻りにくいのはなぜ?/友利新先生が解説「透明感とくすみ」➀…

次の記事>

次の記事>
第3回/透明肌のお手本、美容家・小林ひろ美さん(57歳)の4つのケアとは/小林ひろ美さん・最強の「くすみ取り」①…

この連載の最新記事

肌の透明感がアップする小林ひろ美さん流「乳液仮面返し」とは/小林ひろ美さん・最強の「くすみ取り」⑨

第11回/肌の透明感がアップする小林ひろ美さん流「乳液仮面返し」とは/小林ひろ美さん・最強の「くすみ取り」⑨

肌の透明感は、赤い食材やビタミンCサプリで体の中からケア/小林ひろ美さん・最強の「くすみ取り」⑧

第10回/肌の透明感は、赤い食材やビタミンCサプリで体の中からケア/小林ひろ美さん・最強の「くすみ取り」⑧

大事な日は「お目覚めクレイ」で透明肌を取り戻す/小林ひろ美さん・最強の「くすみ取り」⑦

第9回/大事な日は「お目覚めクレイ」で透明肌を取り戻す/小林ひろ美さん・最強の「くすみ取り」⑦

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル