OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/skincare/255806/

シミの種類や見分け方、原因は?/初めてのシミ取り治療@美容クリニック①

どうしてシミってできるの? シミの種類は? ずっと気になっていた顔のシミについて、皮膚科専門医の松浦佳奈さんにお話を伺いました。

 

お話を伺ったのは

松浦佳奈さん 皮膚科専門医

松浦佳奈さん
Kana Matsuura

自由が丘クリニック皮膚科部長。皮膚科専門医。シミや肝斑、そばかすなどの治療には定評が。ピコレーザーをはじめとする最新の治療マシンにも詳しく、臨床経験も豊か。先生ご自身もシミひとつない、つるつるの透明美肌の持ち主

 

シミといっても多種多様。一般に数種が混在しています

年々、濃くなり数も増えてきたような気がするシミ。実は、種類も増えているかもしれません。というのも、ひと口にシミと言っても、下のイラストのように多種多様。

 

「数種類が混在していて、それぞれ治療法や治療期間が異なることも少なくありません」(松浦佳奈先生)

多種多様なシミ

肝斑

輪郭があいまいで、もやもや広がっていることも。多くは左右対称。

 

ADM

思春期以降に発症しやすい遅延性のアザ。通常のシミとは違います。

 

脂漏性角化症

そこだけ厚く盛り上がっているシミ。じわじわ大きくなる危険が。

 

雀卵斑

いわゆるそばかす。遺伝的な要素が強く、紫外線で濃くなります。

 

老人性色素斑

いわゆるシミ。輪郭がはっきりしていて長年放置すると脂漏性角化症に。

 

炎症後色素沈着

ニキビや摩擦刺激、かぶれなど、肌トラブルによる炎症が起こした色素沈着。

 

 

どうしてシミってできるの?
肌の機能が低下してメラニンが過剰な状態に

シミ=色素沈着という言葉から、肌表面が黒く染まっていると誤解されがちですが…。

 

「メラニンは表皮の底近くにあるメラノサイトという細胞がつくっています。シミは、その働きが必要以上に活性化し、メラニンが過剰に存在している状態です」

 

紫外線を受けてメラニンをつくるのは健常な肌の営みですが、加齢により肌の機能が低下したりエラーを起こすと、メラニンを過剰に生成することに。さらに加齢でターンオーバーのリズムも滞りがちなので、メラニンが肌に滞留してしまうのです。

 

「レーザーなどでメラニンを壊せばシミは改善可能ですが、そもそもの原因である低下した肌状態を整えることが大切です」

 

レーザーで即解決!ではなく、改善のための第一歩と考えましょう。

 

シミができる仕組み

健康な肌はターンオーバーが正常に働くので、垢と一緒にメラニンも肌の外に排出される。一方、シミが出来てしまう肌はターンオーバーが低下しているので、メラニンが肌内部で蓄積されシミになってしまう。

 

 

撮影/小山志麻 イラスト/かくたりかこ 構成・原文/近藤須雅子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/美容皮膚科で受けられるシミ予防と治療の方法って?/初めてのシミ取り治療@美容クリニック②…

この連載の最新記事

色素頓着やくすみに効果的な「IPL」。編集部スタッフが体験/初めてのシミ取り治療@美容クリニック⑥

第6回/色素頓着やくすみに効果的な「IPL」。編集部スタッフが体験/初めてのシミ取り治療@美容クリニック⑥

細かいシミ対策に「Qスイッチレーザー」。編集部スタッフが体験/初めてのシミ取り治療@美容クリニック⑤

第5回/細かいシミ対策に「Qスイッチレーザー」。編集部スタッフが体験/初めてのシミ取り治療@美容クリニック⑤

ダウンタイムが少ない「ピコレーザー」を編集部スタッフが体験!/初めてのシミ取り治療@美容クリニック④

第4回/ダウンタイムが少ない「ピコレーザー」を編集部スタッフが体験!/初めてのシミ取り治療@美容クリニック④

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル