三浪は当たり前、卒業生の半数は行方不明!?仰天必至の「東京藝大」という世界

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

春といえば入学シーズンですね。私にとってこの季節の思い出のひとつが、小学校時代の友人と東京で再会して、彼女が通い始めた大学に連れて行ってもらったこと。
そこは上野の東京藝術大学でした(ちなみに友人は建築科)。

 

 

「なんだかフツーの大学とは雰囲気が違う」と感じたのは覚えているのですが、詳細な記憶はなし。
「もったいないことをした! 図々しく探検させてもらえばよかった!」と心底思ったのは、『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』があまりにもディープで面白かったからです。

書評_photo

『最後の秘境 東京藝大
天才たちのカオスな日常』
二宮敦人 新潮社 ¥1400(税別)
全員遅刻の美校VS時間厳守の音校、ガスマスクを売っている生協、洗い物をしたことがないピアノ科学生、「かぶれは友達」と語る漆芸専攻生、声楽科がチャラい理由、学園祭の挨拶で「お前ら、最高じゃあああああああァ!」と絶叫する学長。面白すぎて深すぎる東京藝大の実像を描いたノンフィクション

 

 

気がつけば最近、特別な能力を持つ人を描いた本をよく読んでいますが、もしかしたら人生後半戦にさしかかった今、“自分にはありえなかった人生”をある種のあこがれとともに考えたくなっているのかもしれません。

 

 

さて、この本の著者は二宮敦人さん。ホラー小説やエンタメ小説を書いている作家ですが、奥様が藝大生。
彫刻科に在籍している彼女は、二宮さんが執筆している横で巨大な木の塊から陸亀を彫り出したり(ドッカンドッカン大きな音をたてて!)、自分の等身大全身像を作るために型を取ろうと身体中に半紙を貼ったり。

 

 

以前家族で海外旅行に行き、ルーブル美術館に入ったときは、『サモトラケのニケ』の彫像に感動して、5時間以上も見続けたという女性です。
そんな彼女と暮らす二宮さんは
「何もかもが僕にとっては新鮮で、いちいち驚いてしまう。しかし妻はといえば、きょとんとしている」
「この人の通う大学は、思った以上に謎と秘密に溢れているようだ」
と興味を持ち、東京藝大の学生たちの実態を調べ始めたのでした。

 

 

東京藝大は学生数が約二千人と少人数の大学で、音楽学部(通称・音校)と美術学部(通称・美校)のふたつがあります。
音校と美校は道路をはさんで分かれていて、二宮さんによると「行き交う人の見た目が、左右で全然違う」のだとか。

 

 

「音校に入っていく男性は爽やかな短髪にカジュアルなジャケット、たまにスーツ姿。女性はさらりとした黒髪をなびかせていたり、抜けるような白いワンピースにハイヒールだったりする」

 

 

対して美校は
「……真っ赤な唇、巨大な貝のイヤリング。モヒカン男。蛍光色のズボン。自己表現の意識をびりびり感じさせる学生がいる一方で、まるで外見に気を遣っていないように見える学生も多い」

 

 

音校と美校の学生の見た目がこんなにも違うのはなぜなのか。そしてその先にあるものを、二宮さんはたくさんの学生たちと会うことによって明らかにしていきます。

 

第35回
三浪は当たり前、卒業生の半数は行方不明!?仰天必至の「東京藝大」という世界

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top