OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

『ずっと美しい人のインテリア』 好評発売中! 作詞家がストーリーづくりからはじめた家とは? 前編

「私の家づくり・作詞家 岩里祐穂さん」 前編
どんな家にしたいのか。まずはストーリーづくりから始めた

インテリア リビング

ももいろクローバーZの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」や今井美樹の「PIECE OF MY WISH」などの作詞家として活躍する岩里祐穂さん。

同じ音楽業界で働くご主人とつくり上げた理想の家ができるまでには長く、楽しい物語があった。

「家を建てることになったときちょうど、50代に入るタイミングでした。これからの人生をどう生きて行くか、どんな気持ちで過ごそうか……」

さすが言葉を紡いで物語を作る作詞家、岩里さん夫妻の取り組み方は実に個性的。

「家のストーリーづくりをしたんです。昭和の初めに建てられた画家のアトリエ兼住居をリノベーションした住宅、と」ストーリーを決めると、リノベによって昭和初期の味わいと、現代の機能性が融合した家のイメージが具体化してきたそう。

「なので、キッチンやバスルームは機能的でモダンに仕上げました」

古材を使った床やドアなど、ヴィンテージ感溢れるたたずまいと、真っ白な艶塗装が美しいバスルームや、機能的な収納を備えたキッチン。

インテリア バスルームインテリア バスルームインテリア キッチン

雰囲気はまったく異なるのにそれらの要素が不思議と違和感なく調和している様子はさすが。

「国内では富岡製糸場をはじめ、一ツ橋大学、大阪の船場ビルディングなど古い洋館をたくさん見てまわり、写真に納めました。また、リノベで注目されたエースホテルを見たくてニューヨークとポートランドにも飛びました」

撮影した膨大な資料を参考に岩里さんの巣づくりは始まった。

「これと思ったら私、粘るタイプなんです(笑)」

その言葉通り3年あまりをかけて、妥協とは無縁の、細部まで手を抜かない、理想の家ができ上がった。

※詳しくは『ずっと美しい人のインテリア』(集英社)をご覧ください!

 

 

「私の家づくり・作詞家 岩里祐穂さん」 後編に続きます。

次の記事>

次の記事>
第2回/『ずっと美しい人のインテリア』 見た目だけでなく、収納にもとことんこだわった岩里祐穂さんの家づくり 後編…

この連載の最新記事

『ずっと美しい人のインテリア』  見た目だけでなく、収納にもとことんこだわった岩里祐穂さんの家づくり 後編

第2回/『ずっと美しい人のインテリア』 見た目だけでなく、収納にもとことんこだわった岩里祐穂さんの家づくり 後編

『ずっと美しい人のインテリア』 好評発売中! 作詞家がストーリーづくりからはじめた家とは? 前編

第1回/『ずっと美しい人のインテリア』 好評発売中! 作詞家がストーリーづくりからはじめた家とは? 前編

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル