お金を払ってまで介護映画なんて見たくない、というあなたにおすすめ。『八重子のハミング』


「介護」を描いた映画、と聞くと、みなさんどう感じるでしょう?

10年前だったら「お金を払ってまでして介護の映画をみるのはちょっと気が重い……」と思ったり、悲惨な現場を少しこわいもの見たさで覗く感じやどこか他人事としてみるようで気が進まなかったと思います。

 

でも最近は、介護の映画がたくさん作られるようになりました。

どの作品も介護の現場を暗いものとはとらえず、笑いやペーソスを含んで描いていたり、認知症が進む親にどう接していくかに主眼を置いていたりと、介護する側の生活と心の変化を描いていているのが特徴でした。

それに対してこの作品は、介護が終わった後の気持ちを重視している点が新鮮です。

 

「八重子のハミング」

main.jpg-2

 

小学校の国語教師、石崎慎吾(升毅)は癌に侵され4度の手術で生還しますが、音楽教師であった妻、八重子(高橋洋子)が看病の疲れからか、若年性アルツハイマーを発症してしまいます。そんな八重子を12年間も介護し続ける慎吾の姿を、回想録として語り継いでいく物語です。自身の実体験を綴った陽信孝の同名小説が原作。

 

少子高齢化が深刻化する中、介護の問題を「子育てする」のと同じ感覚で描いていて、後味の悪い映画にはなっていません。確かに一番大変な下の世話の話は出て来ますが、そこは映像化せず、しかしちょっとびっくりするようなエピソードで語られます。

 

夫は常に怒りや絶望感にとらわれず、愛する妻のためだけに介護を続ける。決して後悔はしたくない。そんな思いが、娘に、孫に、近所の住民たちに、また二人が元教師であったことから教え子たちへと優しさの連鎖を生んでいきます。ここがこの映画の最も重要な部分。

小学校-1

それが理由か、映画を観終わった後に、一種のすがすがしささえ感じて、はっとしてしまうのです。淡々とした描き方で、カメラをパンしたりズーミングすることもほとんどなく、第三者の目で見ていることを強く意識させます。

 

ロケ地は、山口県萩市を中心に美しい場所が厳選されています。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top