OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

ツムラの工場見学へ。今、一番処方されている意外な漢方は?

新連載「大人の社会科見学」が始まりました! 記念すべき第一回目は、皆さんを「漢方」の世界へとご案内します。

 

漢方はOurAgeのコラムでも大人気ですし、編集スタッフ達も、クリニック等でよく処方される身近なもの。そんなOurAge世代の健康に欠かせない漢方について、もっと深く学べるツアーに参加してきましたよ。

 

訪れたのは、茨城県にある「ツムラ」の工場。約178,000㎡と東京ドーム4個分ほどの広大な敷地内に、製造棟をはじめ、原料生薬保管庫、品質管理棟、「ツムラ漢方記念館」薬草見本園などがあります。

ツムラ15

「ツムラ漢方記念館」は、漢方・生薬に特化した世界で唯一の記念館。通常は医療関係者に限定公開されている施設とのことですが、今回特別に見学させていただきました。

 

◆まずは漢方の基本の質問をひとつ

「漢方薬」と「生薬」の違いはご存知ですか?

生薬は、主に植物の根や皮、種、ほかに動物や鉱物等を加工したもので、単一の素材で作られたものを指します。それに対し、漢方薬は原則として生薬2種類以上を組み合わせて作られているのです。

 

 

◆日本の漢方には紆余曲折の歴史が…!

さらに、漢方薬には、必ず出典があるのだそう。おなじみの「葛根湯」は、なんと1800年も前の中国の書物「傷寒論(しょうかんろん)」に生薬の配合比、服用の目安などまで書かれています。その写しも、「ツムラ漢方記念館」で見られますよ。

ツムラ3

館内1階には、そんな現代の漢方の基礎とされる古医書がズラリ。写真の「医心方」(写し)は現存する日本最古の医書で、984年にまとめられたものだとか。この当時の日本は、まだ中国の医学をそのまま学んでいたのだそうです。

ツムラ4

さて、5〜6世紀頃に日本に伝わった中国起源の医学は、その後1,400年以上かけて日本で独自の発展をとげます。江戸時代に西洋医学がオランダから入り、これを「蘭方」と呼び、それまで日本で行われてきた中国起源の医学を「漢方」と名付けて区別をするようになったのが名称の由来です。

 

江戸後期には華岡青州(はなおかせいしゅう)が、世界で初めて、麻酔を施し乳がん手術に成功。その麻酔薬は、漢方の知識を利用し開発したものだったそう。

 

 

ところが残念なことに、明治時代に入ると、医師免許は西洋医学のみという制度が定められ、漢方医学は一時衰退してしまいます。

その後、医師や薬剤師の働きかけにより昭和の後半に漢方が再び見直され、保険適用されるように(1967年)。2001年以降、医学部のカリキュラムで、漢方医学教育の必修化が進んだので、漢方に対する医師の見方も変わってきたそうですよ。パチパチ。

 

 

では次は、ツムラで一番処方されている漢方薬について。

次の記事>

次の記事>
第2回/企業探検〈キユーピー編〉①マヨネーズの“なるほど”が体感できる「マヨテラス」見学へ!…

この連載の最新記事

企業探検〈キユーピー編〉② タマゴ研究から生まれた意外な製品に注目が集まるワケは?

第3回/企業探検〈キユーピー編〉② タマゴ研究から生まれた意外な製品に注目が集まるワケは?

企業探検〈キユーピー編〉①マヨネーズの“なるほど”が体感できる「マヨテラス」見学へ!

第2回/企業探検〈キユーピー編〉①マヨネーズの“なるほど”が体感できる「マヨテラス」見学へ!

ツムラの工場見学へ。今、一番処方されている意外な漢方は?

第1回/ツムラの工場見学へ。今、一番処方されている意外な漢方は?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル