OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/109273/

ポーラが新たな肌色エイジングケア領域へ!光を放つ肌をめざすルミカンとは? 

ふみっちー

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

自らが輝く力を高めるポーラの新美容液、

今から発売が楽しみです!

この夏、ポーラの最高峰ライン「B.A」シリーズから、またしても画期的な美容液が登場します! それは、シミケア、くすみケア、抗糖化ケアという今までの肌色エイジングケアのその先をめざしたスキンケア…。

ポーラ プリズルミナ1

発表会の会場は照明が落とされ、プリズムのように光が煌めく空間に。実はこの演出は、今回の新製品で着目した

「ルミカン」

をイメージしたものなのです。お話を伺う前からワクワク感が高まります。

 

「ルミカンは真皮のコラーゲンのまわりに存在するたんぱく質で、肌の弾力性に寄与することが知られています。さらに、光を操る物質でもあると新発見しました」とは、B.Aリサーチセンターの後藤悠さん。

ポーラ プリズルミナ2

肌に光が当たると、約5%は肌表面で反射され、約95%は肌内部に。肌内部に入った95%の光のうち40%は肌に吸収され、55%は肌内部の物質に跳ね返されて、肌の外に出て行くのだそう。

ポーラ プリズルミナ4

「研究の結果、ルミカンは肌内部に入ってきた光を様々な波長の光に変えることを突き止めました」

 

蛍光灯の下で見るより、太陽の光の下で見たほうがモノの色は鮮やかに見えますよね。これは、太陽の光が様々な波長の光を反射しているから。

 

「肌も、受けた光を反射することでその人の肌色として認識されます」

 

つまり、様々な波長の光を反射することができれば、イキイキとした肌色に見せることができるというわけです。今回の発見もすごそうですよ!

ポーラ プリズルミナ5

生理食塩水にルミカンを溶かし、これに光をあてたという実験写真がスクリーンに映し出されました。左から、ルミカンがない溶液、ルミカンが少ない溶液、そしてルミカンが多い溶液…。明らかに違いますよね! 右の溶液は、明るく光り輝いて見えますよ!

 

次のページで、このルミカンの働きをスキンケアに応用した新製品をご紹介します。 ポーラ プリズルミナ8

会場内にディスプレイされていた新製品の美容液、「B.A セラム プリズルミナ」です。  多彩な光を、多角的な形状で表現しています。お手入れが楽しみになるような、B.Aらしい高級感がありますよね。

 

光を操る物質「ルミカン」の産生は、年齢とともに減少することがわかっているそう。そこで、ルミカン産生量を増やすエキスを探索し、80番目の評価で完成したのが、ショウブ・クジン・マジョラムによるオリジナル複合成分「BPルミナエキス」なんですって。

 

この独自成分の浸透を高める新たな処方も開発。ポーラ最先端の技術を余すことなく投入しているのです。

ポーラ プリズルミナ7

早速、手の甲でお試しです。するりと肌に吸い込まれるようになじみ、のばした後の肌はもっちりと弾力感のある感触に。つけてない手の甲と見比べてみると、既に肌の明るさに差を感じるような…。グリーンフローラルの香りも、優雅な気持ちにさせてくれます。あ〜、早く顔にのばしてみたいっ。

実は、お試し用製品を先行で試している編集部員が「久しぶりに肌のくすみがとれた印象なのよ。毎朝、鏡を見るのがいやじゃなくなったの!」と言っていましたよ。

ポーラ プリズルミナ9

 

8月1日(火)発売

「B.A セラム プリズルミナ」

(医薬部外品)20,000円、リフィル19,000円※税別

 

生命感あふれるような光を放つ肌をめざす理論と、肌自らの機能に着目して肌のハリ感をサポートする理論を融合した「プリズミックバイオアクティブ理論」を軸に開発。肌理論、処方化技術、感性品質の3つにこだわって作られた美容液です。朝と晩のローションの後、1〜2プッシュを目安に顔全体になじませます。

 

雑誌やwebなどが実施するさまざまな「ベストコスメ」で、累計178の第1位に輝いている「B.A」シリーズ。今回の新製品も、大きな話題を呼びそうですよ。発売をお楽しみに!

 

ポーラ B.A ブランドサイト

※今回紹介した新製品は、まだ掲載されていません

<前の記事

<前の記事
第129回/コレステロールを低下!「豆乳で作ったヨーグルト」…

次の記事>

次の記事>
第131回/「est(エスト)」がソフィーナ最先端ブランドとして一新。貯水力UPで極乾燥でも乾かない肌に!…

この連載の最新記事

アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

第280回/アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

第279回/まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

第278回/良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル