55歳、世帯年収600万円。老後資金2300万円を18年間で貯める心得

プロフィール写真

東京・銀座の「元気が出るお金の相談所」所長。FP歴22年目。これまでの相談件数は5000件以上、講演回数は1千回を超える。一男一女を育てあげた後、現在は義母と実母の介護に直面中。 お得な情報はより多くの人に知らせてあげたい!というおせっかいな性格。 モットーは「最後まで自分らしく生き抜く」。

こんにちは、『元気が出るお金の相談所』所長の安田まゆみです。

 

前回の「仲良し〝友達親子〟は老後貧乏になりやすい?!」の続きですよ~。

Planning.

相談者T子さんのプロフィール*************

T子さん 55歳……地元の中堅不動産会社で契約社員として働いており、年収は手取りで200万円。

夫 58歳……会社員から転職をし、今は自営で住宅設備の工事会社を営んでいる。年収は手取りで400万円。

家計で使えるお金は夫婦合わせて手取りで約600万円。

 

自宅……築30年の戸建て。

(住宅ローンは、夫が会社を辞めた際の退職金の一部も使い、コツコツと繰り上げ返済を続け、昨年に完済)

 

お子さん……社会人2年目の長女と専門学校生の次女の2人(次女は、あと1年で卒業)。

 

現在の貯金……次女の学費分を除いて500万円程度

 

口癖……「贅沢をしていないのにお金が貯まらない!」

*************************

私のところに相談に来られた方の多くが、今回のご相談者T子さんのように

「贅沢をしていないのにお金が貯まらない!」っておっしゃいます。

 

でもそれは……

自分のお金の使い方を正当化しているだけなのです。

 

 

贅沢をしていると認めてしまえば、

「ほら見たことか、贅沢をしているからお金が貯まらないんだ」

「そういう使い方をやめればいいんだ」

と周囲から指摘される、と内心ではわかっているんです。

 

でも

贅沢をしていても、お金を貯めようと思えば貯まります。

 

なぜかというと、お金を貯められないのは、「贅沢をしている」だけの問題ではなく〝計画的にお金を使っていない〟からなのです。

 

それを許しているのが

 

「共働き」という大義名分。

 

 

「自分も働いているんだから、この程度は、自由にお金を使ってもいいはず」

と思ってしまうこと。

ところが「この程度」の金額を具体的に決めていないので、ずるずるとお金を使ってしまう……

 

 

T子さんの現状もこれに当てはまります。

 

 

 

 

老後に必要なお金を貯めつつ、今後も娘さんたちと楽しく買い物やランチをしたいのであれば次ページでご紹介することをやればよいのです。

 

※老後資金も確保しながら、現在(いま)を楽しく暮らす方法があるなんて!

気になる続きは2P目をお読みください!

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top