スリランカ編/おまけじゃもったいない!充実のスリランカ旅(後編)

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

こんにちは、南の島&秘境好きミーナです。

日本からスリランカ航空で行く、1度のフライトで2倍楽しい、セーシェル/スリランカの旅! セーシェルへはコロンボ経由で飛び、経由の前後どちらかでスリランカにストップオーバーして楽しんじゃおうという、欲張り旅をレポート中。セーシェル編に続き、スリランカ編をお届したいと思います。

srilanka map

インドの南に位置する、“光輝く島”を意味するスリランカ。その名のとおり、沿岸には黄金に輝くビーチ、内陸は熱帯の豊かな緑がいっぱい。紅茶の産地としても、有名ですよね。そして、最近ではスパ好き(アーユルヴェーダ)や遺跡好き(世界遺産)が大注目の国です。

 

セーシェルのバカンスの後に、スリランカでもお楽しみをと目論んだミーナ。前回に引き続き、コロンボとその近郊のご案内です。コロンボはスリランカ最大の都市で経済の中心、海外からのゲートウエイ・シティでもあります。

Srilanka map

 

 

スリランカは敬虔な仏教国。コロンボ市内にも前回ご紹介したシーマ・マラカヤ Seema Malakaya寺院などありますが、よりディープな仏教世界に触れたくて、郊外のラジャ・マハー・ヴィハーラRaja Maha Vihara寺院へ。コロンボの北東11kmに位置するキャラニヤKelaniyaという町の外れ、釈迦が沐浴したとされるキャラニ川のほとりにある、由緒ある寺院です。釈迦がスリランカで訪れた3ヶ所の聖地の一つとして、熱心な参拝者が後を絶たないそう。(実際には、釈迦は生涯インドで過ごしたとされている)

srilanka kelaniya gate

大きな門から入ったところ、そこら中に靴やサンダルが置かれていて、どうやら境内は靴を脱がなくてはならないよう。靴置き場などは特になく、靴を置きっ放しにするのは不安なので、持ち歩いて行動。それにしても、南国スリランカの地面は熱い!ソックスを履いていても、アッチチ!!という感じで、日陰を選ばないと、飛んでいくように歩くしかありません。なのに、スリランカの人々は、素足で平気に歩いている〜

 

まずは、ボーディ・ツリー(菩提樹)を参拝。水の入った壺や花を手にした人々が、菩提樹の周りを参拝したり、仏像に祈りを捧げています。

srilanka kelaniya bodai tree

この後、本堂に向かいました。現在の本堂は20世紀初頭の建立だそうですが、外壁にはスリランカらしい象などのレリーフがぐるり。内部は暗くて写真が撮れなかったのですが、4つの空間に分かれていて、涅槃像の部屋ではみな熱心にお参りをされていました。見どころは、釈迦の生涯や、スリランカでの(実際は来島していないと思われる)釈迦の功績が描かれているフレスコ壁画です。修復中の壁画もありましたが、どれも本当に緻密で、人々の祈りの深さにつながっているのだと思います。

srilanka kelaniya temple

srilanka kelaniya relief

そんな信仰心の篤さは、ダーガバ(仏塔)でも見られます。スリランカのダーガバは、お椀を伏せたようなまん丸の形状ですが、日本の寺院の三重の塔や五重の塔にあたるものです。炎天下、ダーガバに素足で向かい、ここでも静かにお祈りを捧げていらっしゃいます。私も意を決して、足の裏がアチチとなりながら、ダーガバや外にあった別の仏像などにお参り。南国らしい色鮮やかなお供えの花々が、印象的でした。

srilanka kelaniya stupa

srilanka kelaniya flowers

 

日本では世界遺産の寺院遺跡ばかりが注目されていますが、市井の人々が熱心にお参りする由緒ある寺院を訪れることができたのは、貴重な体験でした。ここを知ったのは、行きのスリランカ航空の機内上映プログラムにあったスリランカ観光案内。エアラインが提供している観光案内、機内誌とともに、要チェックですね。

 

午後はコロンボに戻り、最後のショッピング・タイム堪能。

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top