OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/112071/

三田寛子さん、「これからは私自身が花開くとき」

子育てもちょっとひと息ついて

これからは私自身が花開くとき

 

2016年秋、夫である中村橋之助さんの八代目中村芝翫襲名とともに、
歌舞伎界初となる親子4人同時襲名、

プライベートでは夫婦の銀婚式という節目の年を迎えた三田寛子さん。

50歳を機に、芸能界の仕事も再スタート。
夫のスキャンダルを"神対応"で乗りきり、ますます輝きを増しています。
「人生100年と考えれば、50歳はまさに第2の幕開け」
と言う三田さんのこれまで、そしてこれからについて伺いました。

 

MyAge_012_007-01_Web用

シャツ ¥36,000・パンツ ¥19,000/ ハウス オブ ロータス 二子玉川店(ハウス オブ ロータス)

 

三田寛子さん

Hiroko Mita

1966年生まれ。’81年に「2年B組仙八先生」でドラマデビュー。翌年、「駈けてきた処女」で歌手デビュー。’91年に歌舞伎俳優の中村橋之助さんと結婚。3人の男児を授かり、2016年秋、歌舞伎界初の親子4人の同時襲名を取り仕切る。4人を支えながら、テレビ、雑誌、トークイベントなどで活躍

 

 

 

 40歳からは、一年にひとつ
新しいことにチャレンジ

 

歌舞伎俳優の妻として、凜とした着物姿のイメージが強い三田寛子さんですが、「男の子3人の母ですから、普段、家では動きやすいカットソーとデニムスタイルが多いんですよ」と笑います。とはいえ、長男は一昨年に成人し、昨年は次男、三男もそろって襲名披露。一人前の歌舞伎俳優として歩きはじめました。
「30代はまさに子育てに全力投球でしたが、40代を迎えたとき、この先10年は、子離れに向けてのウォーミングアップの時期だと思ったんです。子どもに執着することなく私自身が楽しむために、何事も経験だと、一年にひとつは新しいことにチャレンジしてきました」

と三田さん。

 

 

プリザーブドフラワーやアロマテラピーの教室に通い、ハーブソムリエや心理カウンセラーの講座も修了。体を鍛えるためにスポーツジムに入り、ヨガやピラティスのレッスンにも通って、今では週3回のプールでのウォーキングも欠かしません。

 

 

「40代にいろんなことにチャレンジしたおかげで、自分がどんどん活性化。まるで体の中で石炭を燃やしているような感覚でしたね。その影響か、3~4年エステに行っていないにもかかわらず、肌の調子がとてもいいんです。唯一のケアといえば、乾燥と日焼け対策くらい。お風呂上がりや洗顔後、2分以内に化粧水をバシャバシャつけて、乾かないうちにオイルを1滴のばすだけ。そうすると、水がオイルと混ざってクリームのように満遍なく行き渡り、ぴたっと肌にふたをして整えてくれるんです」

 

 

これを三田さんは"2分間ルール"と呼んでいます。襲名披露の準備に追われていたこの1~2年は、アイドル時代を彷彿とさせる忙しさ。睡眠不足が続いたそうですが、このルールを守ったら、肌にはまったく影響がなかったといいます。

 

 

そんな襲名披露準備の最中、三田さんを襲ったのが夫のスキャンダルでした。歌舞伎座での襲名披露直後に迎えた銀婚式当日、一人になって自分自身をリセットするために旅に出たといいます。
「もともと一人旅はよくしていたのですが、結婚してからはそれもできなかったので(笑)。休養したいということもありましたし、一人になって、自分のこれまでたどってきた道も含めて、いろんなことを考えたいと思ったんです。自分の人生を考える時間って、ものすごく必要だと思いましたね。相手も見えてくるし、自分も見えてきますから」

 

 

次ページに続きます。

50歳は第2の人生の幕開け。
55歳から、花開くとき

 

三田さんは自らを、かつて本で読んだ古代インドの人生の考え方「四住期」に重ね合わせます。

 

「人生は学んで、守って、考えて、自由になるという4つの時期に分かれているそうなんです。50歳を迎えた私はまさに考える時期。母として、妻として、女として、仕事人として、自分の親に対しては子どもとして、一生懸命考えて考えて考えて、考え抜いた結果、出た答えは"感謝"しかなかったんですよね」

 

 

その表情は実に晴れ晴れとして、25年間築き上げてきた夫婦の絆のゆるぎなさと妻としての自信を感じさせました。
「いいときもあれば悪いときもあります。苦楽をともに生きていくのが家族かなと。人は誰しも完璧ではないですから。今、本当に人が好きで、愛おしいと思うんです。男女とか恋愛とかではなく、人と話したり、コミュニケーションして刺激を受けることが、こんなにも味わい深いことなのかと改めて思うので、この先もっと、その味わいを人生の中で楽しめるのかと思うと、なんて素敵なんだろうと」

 

 
5年後には、三男が成人になり、もうひとつ上の「自由」の領域に入っていくことが楽しみでならないという三田さん。
「50歳で第2の人生が始まって、55歳からは、さらに自分が解き放たれて花開くときだと思っているんです。女優の仕事をもっとやっていきたいですし、一人の人間として、自然の中でパワーをもらう旅もしたい。この後、まだまだ楽しいことがいっぱいあって、ワクワクします。だからこそ、適度なスポーツをしたり、食事に気をつけたりしながら、ずっと元気でいなくっちゃ。でないと、せっかく用意されているであろう未来の楽しみに、手が届かなくなってしまうから」

 

 

三田寛子

カットソー¥12,000/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) デニム¥22,000/オットダム銀座(オットダム) スニーカー¥16,000/ストックマン(ノーネーム)

 

 

 

次ページには、三田さんのこだわりアイテムをご紹介。

目に舌においしい手土産を

「いただいてうれしかったものを人さまにも」。

三田寛子

最近は富山の老舗、薄氷本舗 五郎丸屋の「T五(ティーゴ)」を。真綿で大切に包まれた五味五色の〝薄氷〞は、和風マカロンの趣。

 

 

 

サングラスで紫外線から目を守る

三田寛子

40歳でレーシックをして以降、サングラスのおしゃれが楽しくなり、かなりコレクションしていたそう。今はまた視力が落ち、日焼け防止用にコーチとグッチのふたつに。

 

 

 

10代の頃からバストケア

三田寛子

クラランスの「ボディ オイル〝トニック〞」と「ジェル ビュスト タンサール」で30年以上毎日欠かさずバストをケア。シスレーのフェイス用「ブラックローズ プレシャスオイル」は「女を思い出させてくれる香りが気に入って」と、50歳を機に使いはじめたそう。

 

 

 

アロマで気分や空間をリフレッシュ

三田寛子

「男が4人もいるとにおいが気になって」とアロマをフル活用。グレープフルーツやシトラス系の香りを空気清浄機「マジックボール」に入れて。アロマオイル「ビューティフルマインド」はコットンに含ませたり、お皿に入れた湯に数滴垂らして、車内や寝室に。

 

 

 

撮影/浅井佳代子 ヘア&メイク/山本浩未 スタイリスト/田内玲子

取材・原文/和田紀子

今すぐチェック!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル