ドクター津田コスメラボの新バリアクリームで、脱・ダーマペリア(皮フ痩せ)宣言!

プロフィール写真

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

トラブル肌に悩まされるようになったのは

ダーマペリアのせいだったんですね!

「昨年、このように肌が赤くなってしまい、ピリピリとして化粧水も使えない状態になってしまったのです」

津田クリーム1

スライドには、57歳女性の肌が映し出されました。ああ、この状態…。肌が荒れがちなふみっちーにはよ〜くわかります。

津田クリーム2

実は、この肌の持ち主は津田クリニック副院長、ドクター津田コスメラボの代表医を務める津田攝子(せつこ)先生。化粧品で肌がピリピリしていた当時は、忙しさに追われる日々だったそうです。

 

「女性の平均寿命は90歳近く。私が平均まで生きるとしたら、あと30年も、高機能美容クリームはピリピリして使えないの!? それは困る、と思って、このクリームの開発に取り掛かりました」という津田先生。

それを聞いて、ふみっちーも思わず身を乗り出しましたよ。

 

まずは、肌症状の分析です。

津田クリーム3

一般的なアレルギー肌と明らかに違うのが、『肌がピリピリする』症状です。その原因には、皮フの構成成分の減少が影響していることがわかりました」

 

皮フの構成成分とは、肌のうるおいやハリを保つ真皮のヒアルロン酸やコラーゲン、バリア機能を司る表皮の細胞間脂質、NMFなど。加齢によって減少してしまうだけでなく、心理的ストレスや過労、睡眠不足などの内的要因も、バリア機能を低下させることが研究発表で証明されているそうです。たしかに、睡眠不足の時はふみっちーも肌がカサカサしがちです。

津田クリーム4

そして紫外線や乾燥、生活習慣の乱れ、大気汚染などの外的要因がさらに追い打ちをかけて悪循環を繰り返す、と津田先生。

 

「愛用していた化粧品が使えなくなってしまったり、まぶたが赤く腫れてしまったり…。そんな肌におけるサルコペニア症状である機能低下の状態をダーマペニアと名付けました」

 

加齢に伴い、筋肉量が減少することで引き起こされる身体機能の低下、サルコペニア。これに似た症状が肌に起こる「皮フ痩せ」が、ダーマペニアというわけです。しかも、ダーマペニアは突然起こり、シミとも関係が深いそう。

 

「20代、30代の方たちの肌にもこの症状が現れていることもあり、ダーマペニアは肌悩みのベースにあるのでは、と考えています。日常的に起こるストレスには自覚していないものも多いのですが、自分では気づいていなくても身体が反応しているのです」

 

例えば毎日の通勤で乗る満員電車、長時間続けるパソコン作業、部署替えや引っ越しといった環境の変化…。「そんなの誰もがしていること、当たり前のこと」と 自分を言いくるめることが、気づかないうちにストレスになっている場合も。これも負のスパイラルですよね。

 

そんなダーマペニアの負のスパイラルを断ち切るための新製品について、次のページで紹介します!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第134回
ドクター津田コスメラボの新バリアクリームで、脱・ダーマペリア(皮フ痩せ)宣言!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top